kanit18

私(佐藤)は、ひとつの記事を書き始めると、完成するまで途中で止めたくない。途中で席を立ちたくないし、できるだけ電話にも出たくない。作業が中断することが許せないのである。そんなクリエイターの人は多いのではないだろうか。

しかしどうしても、中断しなければいけない時がある。それは便意だ。「オ○ッコしたい!」、「ウ○コもしたい!!」、そうなると、席を立つ以外に方法はない。チキショーッ! なんとかならないのか? そう思っていろいろ調べたところ、パーティション付きの簡易トイレを発見! 早速オフィスに持ち込んだところ、思った以上に効率が上がったぞ!

kanit2

・ウ○コ気化の限界

作業の途中で手を止めるのは許せない。その時その瞬間にひらめいたことを、トイレに行って流してしまいたくはないからだ。そうは言っても、作業がはかどっている時に限って、便意が襲ってくる。

kanit3

「ハウッ! お腹痛い。今、屁をしたら、大変危険なことが起きてしまう!」、何とか屁でごまかそうとしても、すでに匂いが危険信号を発してしまっている。

kanit4

「ヤバい! ウ○コを気化するのには、限界がある。チキショー! 便所行くしかないか。でも、このひらめきを逃したくない!」

kanit5

そんな時は、パソコンをトイレに持ち込むしかないのである。何とかならないか? もっと効率化を図れるはずである。そうして考えた結果、ダンボールで組み立てる簡易トイレを購入することを思いついた。しかもパーティション付き。これはイイ!

kanit6

・パーティション付きの簡易トイレ

正式名称は「ダンボール製 簡易トイレ & パーティションセット」、Amazon で2970円の商品である。届くのに、2週間程度かかった。工具要らずですぐに組み立てることができる。

kanit7

部品はトイレ本体とパーティションに分かれている。それぞれを組み立てて、ひとつに合わせることになる。

kanit8

kanit9

・約20分で組み上がる

それにしても、最近のダンボール製品は良くできている。軽くて丈夫、しかも組み立てが簡単。折りたためば運ぶのも収納するのもラクチン。多少の家具は、いっそダンボールでいいのではないかとさえ思えてくる。

kanit10

kanit11

約20分でパーティションもトイレも完成した。ちなみにトイレはビニール袋をはめて、なかに大なり小なりする格好だ。別途凝固剤がついているので、ビニール袋を出す時には、コレを入れて中身を固めてしまうのである。

kanit13

・トイレと私はひとつ、そしてオフィスはトイレになる

ヨシ! これでトイレは私のデスクの一部。イヤ、トイレは私とひとつになったッ! これで不動のデスク要塞に大変身!! このオフィスは私の仕事場であると同時に、トイレになったことを意味している。

kanit14

「さて、これからはノーパンで仕事しますか」、トイレに座って仕事するんだから、ズボンもパンツももはや必要ない。下半身フリーマンである。

kanit15

これで、いつ何時便意が襲って来ようとも、私は作業を続けられる。ウ○コごときに、仕事の邪魔をさせるものか! くそったれ!!

kanit16

・ノーパンツワーキングの火付け役

う~ん、何という解放感。まるで「トイレ」という呪縛から、解き放たれたみたいじゃないか。そして、パンツをはかずに仕事をすると、より一層頭が冴える気がしてくるから不思議だ。次から次へと、アイディアが湧いてくるじゃないか。

kanit17

これはもしかして、これからの時代は「ノーパンツワーキング」スタイルが流行るんじゃないのか? こんないいことを、自分だけの秘密にしているのはもったいない。ノーパンツワーキングを提唱して広めよう! そして「アイディアを出したかったら、パンツを脱げ!」って本を出版しよう。ワークライフバランスの新しい形だ。

kanit19

・アイディアを出しまくれ

もうひとつ良いことに気づいたぞ! この状態で食事をすれば、一石二鳥じゃないか。トイレだけでなく、食事でも作業を止める必要がなくなるじゃないか。まったくいい事だらけだ。

kanit20

作業を中断したくないクリエイターのみんなは、ぜひとも参考にしてくれ! ノーパンツでアイディアを出しまくれッ!!

kanit21

参考リンク:Amazon「ダンボール製 簡易トイレ&パーティションセット」
Report:佐藤英典
Photo:Rocketnews24