ペットといえばワンコやニャンコ、ウサギやハムスターなど、小型でフワフワした動物が人気である。ところが、なかにはカメレオンやヘビなどの爬虫類を好んでペットにする人もいる。

そんななか、ある女性が飼っているニシキヘビが、耳に開けたボディピアスの穴を通り抜けようとして抜けなくなるという、あり得ない事態が起きていたというのだ!

・耳のボディピアスがトラブルを招くことに!

米オレゴン州ポートランドに住むアシュリー・グラウさんは、耳にたくさんのボディピアスを開け、ガッツリとタトゥーを入れたパンキッシュなルックスが印象的である。

そんな彼女は、穴を拡張するゲージ式ピアスを入れているため、耳たぶに大きな穴が開いているのだが、その ‟ラージホール” がトラブルを招くことになってしまったのだ!

・ペットのヘビがピアスの穴につっかえちゃった!!


アシュリーさんは、バートというボールニシキヘビを飼っているのだが、こともあろうか、バートがご主人様のラージホールを通り道として選んだのである。

ペットの意外な行動をオモシロおかしく感じた彼女は、そのままバートに穴を通り抜けさせようと思ったそうだが、事態は予想外の展開に! なんと、バートがラージホールにつっかえ、どうにも穴から抜けなくなってしまったのだ!!

・適切な処置でバートがピアスの穴から救出される!

どうしようもなくなったアシュリーさんには、病院の救急室に駆け込むしか道は残されていなかった……。そこで、彼女はバートを耳にぶら下げたまま病院へ直行!

耳に麻酔を打ちラージホールを糸で引っ張り、ヘビが通れるほどの大きさに穴を広げる処置が施され、無事にバートは救出されたそうだ。

ヘビが苦手な人は、「ウギャギャ!」と思わずにはいられない画に違いない。とにかく、バートもアシュリーさんも大事に至らず何よりだった。

参照元:Facebook @Ashley GlaweMETRO(英語)
執筆:Nekolas