OLYMPUS DIGITAL CAMERA
数ある博多グルメの中でも、最近にわかに注目を集めているのが『博多うどん』である。実力と個性を兼ね備えたうどん屋が次々に誕生し、老舗と熱いバトルを繰り広げているようだが、美食の街で存在感をアピールするのは簡単なことではないだろう。だがしかし……!

そんなグルメ激戦区で、見事に立ち位置を確立したのが『博多あかちょこべ』だ。今回は、味もさることながら見た目もインパクト抜群、さらには変わった食べ方も話題の超人気メニューを紹介しよう。

・中洲川端駅から徒歩6分

目的のお店へは、福岡市営地下鉄空港線の「中洲川端駅」から徒歩約6分。駅構内の地図で、目印である「冷泉公園」の場所を確認してから出口を目指そう。冷泉町の交差点から櫛田(くしだ)神社方面へ行けばすぐに「あかちょこべ」がある。ちなみに、あかちょこべとは博多弁であっかんベーのことらしい。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

店内1階はカウンター席、2階には座敷席が設けてある。夜の営業開始時間である18時ちょうどに入店した筆者は、カウンター席へ案内された。ちなみに、居酒屋メニューも豊富なようで宴会利用も可能とのこと。本格うどん店の居酒屋か……人気が出ないわけがない。

・元祖キーマカレーうどん

今回注文したのは、お店一押しの「元祖キーマカレーうどん(720円)」だ。ヤカンに入った状態で提供される「ずぼらうどん(660円)」と悩んだが、3段階で楽しめるというカレーうどんに軍配が上がった。ずぼらうどんは次回にしよう。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

腹を空かせながら待つことしばし……ついにお目当てのうどんが運ばれてきた。まずはそのまま、特製キーマカレーを麺に絡ませて食べてみよう。おおお、想像以上に麺がモチモチで食べ応えがある。ひき肉の香りと旨味が濃いィ~キーマカレーとの相性がバッチリじゃないか。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

・味を変えて楽しむ

続いて、桜海老の粉末とコショウが入った自家製の揚げ玉を投入すると、サクッとした食感と風味を楽しむことができる。そしてラストは、風味豊かな極上ダシを入れてまろやかに味わうのだ……あぁ、最後に優しい味がとてもよい。三変化とも間違いのないウマさだったので、一瞬で完食してしまった。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

従来の博多うどんでイメージする “やわやわ麺” とは違う、モチモチの自家製麺で勝負した元祖キーマカレーうどん。他では味わえないユニークなうどんは、きっと男性も女性も気に入ることだろう。興味がある人はぜひ足を運んでみていただきたい。

・今回ご紹介した飲食店の詳細データ

店名 博多あかちょこべ
住所 福岡県福岡市博多区冷泉町7-10
時間 月~土ランチ11:30~15:00 / 月~土ディナー18:00~24:00 / 日・祝 11:30~18:00
休日 不定休

参考リンク:博多あかちょこべ
Report:砂子間正貫
Photo:RocketNews24.

▼博多あかちょこべ
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
▼人気メニュー
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
▼元祖キーマカレーうどん
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
▼カレーライスのようにきっちり半分で分かれている
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
▼まずは混ぜて食べる
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
▼揚げ玉を投入して味を変える
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
▼麺が残り半分になったら
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
▼ダシを入れてまろやかに味わう
OLYMPUS DIGITAL CAMERA