tokyo8
何かおかしい。目が覚めた時、唐突にそう思った。いつもと同じ部屋で迎える同じ朝のはずなのに、この違和感は何だ? 何かが決定的に足りない。物の配置は……変わってないな。そこで気づいた。つけっぱなしで寝た電気毛布が冷えていることに。電気止められとるやないかーーーーい

冬の送電停止は夏より辛い。なぜなら、お湯が出なくなってしまうからだ。夏なら冷水のシャワーでもなんとかしのげるが冬は無理。というわけで、即行で電気料金を支払い、問い合わせ番号に電話したところ……私を待っていたのは衝撃のメッセージだった。まさか、こんな悪女な自動音声があるなんて

・電気が止まることにも慣れた

そもそも、電気が止まることには慣れっこな私(中澤)。年2回ペースで止まっているので、自動音声も聞き慣れている。友達みたいなもんだ。本当にいつもいつもすみません
rousoku
送電開始はオペレーターにつないでもらう必要があるため、自動音声の案内を聞きながら当てはまる項目の数字キーを入力して選択していく。しかし、以前はあった「送電の再開をご希望するお客様」という項目がない。どうやら、自動音声の案内の内容が変わったようだ。

・常に混みあっている東京電力の問い合わせ

そこで「料金・支払い方法のご案内 → それ以外の方」の順に選択することに。呼び出し音が鳴って、2コールで自動音声に切り替わる。

tokyo

自動音声「ただ今電話が大変混みあっております」

──まあ、そうだよな。東京電力に一発でつながることほとんどないもんな。今日送電停止されたブラザーたちがかけてるのかな

自動音声「申し訳ございませんが、そのまましばらくお待ちいただくか、ある程度時間が経ってからおかけ直しください」

──かけ直すのは忘れそうなのでこのまま待つか。

自動音声「なお、緊急のご用件のお客様は……」

──へー、緊急ダイヤルあるんだ。やるじゃん東京電力!

tokyo

自動音声「そのまましばらくお待ちください」

──待つんかーーーーーーーい
tokyo2
上げて落とすという笑いの教科書の1ページ目に書いてそうな技を自動音声が使ってきた。正直、我が耳を信じられない。動揺してるうちに、コールから再び自動音声に切り替わる。

・空耳か?

しかし、改めてじっくり聞いてみると、そんなフェイントみたいなセリフは言ってなかった。なんだ気のせいか。そんな空耳が聞こえるなんて疲れてるのかな? 送電が止まってちょっとイライラしてたのかもしれない。だが念のため、かけ直して一発目の自動音声をもう一度聞いてみよう。

・念のため再度確認

自動音声「ただ今電話が大変混みあっております。申し訳ございませんが、そのまましばらくお待ちいただくか、ある程度時間が経ってからおかけ直しください。なお、緊急のご用件のお客様は……」

tokyo

そのまましばらくお待ちください

──やっぱり待つんかーーーーーーーい!!!!!
tokyo4
この後、30分ほど待ってもオペレーターには繋がらなかった。「緊急の人ヤバくね?」ということはさておき、結局、私は現在もまだ送電再開の申し込みができていない。なんとなく、自動音声にもてあそばれたような気分である。この音声、全然友達じゃなかった。むしろ悪女だろ
tokyo6
東京電力に電話をかける際は、この悪女に心を惑わされないように注意しよう。下手すると、いつまでも送電再開できない深みにハマってしまうことになるぞ。

参考リンク:東京電力
執筆:中澤星児
Photo:Rocketnews24.

▼自動音声はこちら

▼みんなの力を合わせて撮りました

力を合わせて写真を撮りました

中澤星児さん(@seiji_nakazawa)がシェアした投稿 –