日本でも、続々入会者が増えているアメリカ発の動画配信サービスNetflix。毎月、定額料金(ベーシックプランは650円)を支払えば、いつでもどもでも映画やドラマが鑑賞できてしまうので超便利!

それに、Netflixはオリジナルコンテンツが充実しているため、他の配信サービスでは見られない秀作がテンコ盛りなので要チェックだ。ということで前回に引き続き、「今Netflixで見られるオススメ海外ドラマ5選」を紹介することにしよう。

1.『ナルコス』


本作は、実在したコロンビアの麻薬王パブロ・エスコバルをモデルにしたNetflixのオリジナルシリーズ。コカインで莫大な富を築いた彼を追う、米麻薬取締局とコロンビア政府との壮絶な攻防戦が描かれる作品だ。

劇中では、実際のエスコバルの映像や、麻薬王により遂行された飛行機墜落事故や爆破事件のニュース動画が挿入され、否が応でもリアリティを感じてしまう作りとなっている。向かうところ敵なしだったエスコバルが、まさに転がるように転落の道を歩み、当局に追い詰められていく展開から目が離せない! まさに、一気見に相応しい傑作である。

2.『ザ・シューター』


2007年公開映画『ザ・シューター / 極大射程』のドラマ版。最近のハリウッドは、映画作品をドラマ化するプロジェクトが大流行中だが、正直なところ少々飽和状態気味……。

しかし、本作は映画版でメガホンを取った アントワーン・フークア監督が製作総指揮に名を連ねていることもあり、彼がオリジナルで作り上げた、ガン・アクションをスタイリッシュに描く世界観が損なわれておらず、見応えタップリ!

政府の陰謀に巻き込まれ、大統領暗殺の濡れ衣を着せられた凄腕スナイパーのボブ・リーが、無実を晴らすために黒幕に迫る様子が息をもつかせぬ展開で描かれる。

3.『ストレンジャー・シングス 未知の世界』


こちらもNetflixのオリジナル作品で、1980年代の田舎町を舞台に繰り広げられるSFホラーだ。少年ウィルが姿を消し、その直後に突然現れた謎の少女イレブン。ウィルを探す仲間とイレブンが、町で起こる不可解な謎に巻き込まれ、恐ろしい秘密が暴かれていく…というストーリー。

80年代が舞台でキッズが主役であることから、見ていると『スタンド・バイ・ミー』や『グーニーズ』を思い出し、アラフォー世代ならノスタルジックな気分に浸ってしまうのではないだろうか。そして、頭を丸刈りにしてイレブン役に挑んだミリー・ボビー・ブラウンの存在感が、最高に強烈! 

彼女は、世界最大のエンタメ・データベースサイトIMDbにて、「2016年に最も検索された女優ベスト10」の第3位にランクインして話題を呼んだ。

4.『ブラック・ミラー』


イギリス製作の本作は、‟デジタル時代のトワイライト・ゾーン” と呼ばれるオムニバス形式のシリーズ。近未来を舞台に、ネットやスマホ、SNSやテクノロジーに翻弄される現代人が直面する問題を鋭くえぐり出していて、かなりブラックな作風に引き込まれてしまう。

例えば、英国王室のプリンセスが誘拐され、誘拐犯の要求を吞まざるを得なくなった首相のストーリーなどは、Twitter文化を大きく反映したエピソードだ。誘拐犯の望みは身代金ではなく、首相に生放送で ‟あるトンでもないこと” をしてもらうことだった……。一体首相はどんな決断を下し、どんな結末が待っているかは見てからのお楽しみだ。

5.『ジェシカ・ジョーンズ』

米マーベル・コミックの人気作品を実写化したシリーズ。不思議な力を持つ探偵ジェシカ・ジョーンズが、彼女の人生を破壊した男キルグレイブを追い詰めていくアクションドラマ。同じく、Netflixのオリジナルシリーズ『デアデビル』とのクロスオーバーが見どころで、『ジェシカ・ジョーンズ』の登場人物ルークを主役に据えた、新作『ルーク・ケイジ』も必見だ。

続いて、マーベル・コミックのキャラクターをもとにした『Iron Fist』も2017年3月より配信スタート予定で、前出4作品のヒーロー達が集結する『The Defenders』も製作中だ。Netflixのオリジナル作品で、マーベルのヒーローがクロスオーバーし合う一連シリーズは、どれもハズレなしなので要チェックである。

まだまだ厳しい寒さが続くだけに、暖かいドリンクでも飲みながら、Netflixで映画&ドラマ三昧を満喫してみてはどうだろうか。きっと、屋内で楽しめるエンターテイメントにハマってしまうこと請け合いである。

参照元:Facebook @NarcosNetflix
執筆:Nekolas

▼『ナルコス』の予告編

▼『ザ・シューター』の予告編

▼『ストレンジャー・シングス 未知の世界』の予告編

▼『ブラック・ミラー』の予告編

▼『ジェシカ・ジョーンズ』の予告編