heroin

日本でも、法の目をかいぐぐった脱法ドラッグが出回り、興味本位で若者が手を出してしまうケースが報告されている。若者による違法ドラッグの使用は世界の共通問題だとも言えるが、なんと、アイスランドでは「ドラッグに手を染める若者の数」が激減! 

その方法が海外メディアに取り上げられ話題となっているので、紹介したいと思う。

・薬物・飲酒の問題を抱える若者が多かったアイスランド

火山や温泉、白夜といったイメージが強いアイスランドに、若者がドラッグを常用している印象は抱かないが、かつては若年層による違法薬物の使用と飲酒が大きな問題になっていたのだという。

1998年に42パーセントだった「飲酒に走る15~16歳の数」が、2016年には5パーセントに激減。そして、大麻喫煙者の数も17パーセントから7パーセントに、タバコ喫煙者は23パーセントから3パーセントに減少しているのだ。

同国はヨーロッパでも群を抜いて「若者がクリーンな生活を送る国」として知られるようになったのである。

・若者に ‟ナチュラル・ハイ” を経験させるプログラムを発足

一体アイスランドは、どのように変貌を遂げたのだろうか!? 1992年に、レイキャヴィク大学のハーヴェイ・ミルクマン心理学教授率いるチームが、人間の脳が新しい習慣に依存する傾向を利用し、若者に ‟ナチュラル・ハイ” を経験させるプログラムを発足。

依存症治療の必要はないが、アルコールや薬物に手を染めたことがある14歳以上の若者を中心に、音楽やダンス、アートや武術などを教えたのである。

・‟何かをする楽しさ” を味わった若者は更生する確率が高い

すると、‟何かができる” 技術を身に付けた若者は、自尊心が高まり社交性も向上し、人生に前向きになり始めたのだという。プログラムは3カ月のコースだが、なかには5年にわたって留まる者もおり、「何かをする楽しさ=ナチュラル・ハイ」を味わった若者は、アルコールやドラッグに逆戻りすることが少なくなったのだ。

ミルクマン教授は、薬物所有者を逮捕したり罰を与えるよりも、若者をアクティビティに参加させ、ナチュラル・ハイを経験させた方が効果があると説いている。

確かにスポーツをする若者が多い地域は犯罪率が低いとも言われる。それだけに、体を動かしたり何かスキルを身に付けることは、若者が前向きに生きるために重要な要素なのかもしれない。

参照元:METROINDEPENDENT(英語)
執筆:Nekolas
Photo:Rocketnews24.