remora

正気ですか? 時として世の中には、そう問いただしたくなることがある。奇想天外。非常識。異質なものが組み合わせられている時なんかそう。とんこつラーメンにレモンが入れられている時もまた然りだ。

しかし、革命とは大体が決められた常識の外にあるもの。絶対に合わないと脳が拒否してしまいそうな「レモンラーメン」も味わってみないとわからない。高い評価を得ているなんて噂も聞くだけに一度食べねばなるまい!

・久留米の人気店

ということでお邪魔したのは、とんこつラーメン発祥の地・福岡県久留米市にある『真麺武蔵(しんめんたけぞう)』の津福店。ここは日本料理店で9年間、さらに10年間ラーメンの修行してきた店主が腕をふるっており、双方の良さを合わせた「ラーメン二刀流」、そしてレモンラーメンが有名だという。

img_6529

店員さんの元気な声が飛び交い、次から次へとお客さんが訪れていたこのお店。お昼時を過ぎていたにもかかわらず、人の波が途絶えないあたり、相当な人気店というのがうかがえる。私(筆者)も行列の中に混ざり、券売機で食券を購入。もちろん「レモンラーメン(680円)」を注文した。

・レモンラーメンを実食

そして私の番が回ってきて席に通され、待つことしばし。脳が拒否反応を起こしそうな不安をぬぐえないまま、どんなラーメンが来るのかドキドキしていると……ついにキ、キ、キ、キタッー!

dscn4105%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%92%e3%82%9a%e3%83%bc

メニュー写真からまさかとは思っていたが、すでにレモンはインしていた。とはいえ、よくよく見たらそのコントラストは美しいものがある。また、肝心なのはそのお味。おそるおそるスープから飲んでみたところ……な、なんと!

・爽やかな酸味でさっぱり

意外とイケてしまった! というより、普通にウマい。最初こそ「不思議な味」という感覚だったが、食べれば食べるほどスープから上品な味が伝わってレモンとラーメンが見事にマッチ。うまいこと麺とスープと絡み合い、ハーモニーを奏でているではないか。

当然ながら徐々に酸味が効いてくるが、最後は土俵際でとんこつスープがうっちゃり。爽やかな酸味をさっぱりした味でまとめることに成功していた。正直不安しかなかったレモンラーメンだが、食べてみると全然アリ。私は単なる食わず嫌いだったことに気づかされ、ハッとしたら完食していた。

・最高の接客

思い返せば、うどんをはじめとする麺類は柑橘類にもよく合う。全国でも例は少ないものの、それはラーメンも同じようだ。考え方が変えられるレモンラーメンを食べたことがない人は、ぜひ一度味わってみるといいだろう。

余談だが、同店はレモンラーメン以外に店員さんの接客にも感動した。とんこつラーメン店といえば、頑固おやじの荒っぽい接客というイメージがあるがその真逆。丁寧すぎる接客は、気持ちいいくらい素晴らしかった。ここへ行けば満足すること間違いなし。福岡県を訪れる機会があれば、足を運んでみてはいかがだろうか。

・今回ご紹介した飲食店の詳細データ

店名 真麺武蔵 津福店
住所 福岡県久留米市津福今町238−1
時間 11:00〜22:00
休日 月曜日

Report:原田たかし
Photo:RocketNews24.

▼ラーメンは5種類から選べるぞ
img_6518
▼食後には杏仁豆腐のサービスも!
img_6523