img_7728

おそらく誰もが「とりあえずココに行っておけば間違いない」というお店が各地にあることだろう。例えば「渋谷でラーメンならココ」「秋葉原でカレーならココ」「大阪でたこ焼きならココ」……などの鉄板ショップである。

今回の「最強ハンバーガー決定戦」は、新宿でハンバーガーなら、とりあえずココで間違いないとオススメの『J.S.バーガーズカフェ』をご紹介したい。味はもちろんのこと、アクセスも店の雰囲気も良い、使い勝手抜群のバーガーショップだ。

・JOURNAL STANDARDが手掛けるお店

ご存じの方も多いと思うが、こちらの『J.S.バーガーズカフェ』は、人気アパレルブランド「JOURNAL STANDARD(ジャーナルスタンダード)」が手掛けるお店である。今回ご紹介する新宿店は1階と2階がアパレルショップ、3階がバーガーショップとなっており、都内だと渋谷や池袋にも店舗を構えているぞ。

img_7713

記者が訪れたのは平日の16時頃で、店内はカフェ利用のお客さんが多かった。JR新宿駅から1分少々で到着するのでアクセスは文句なしに最高。広い店内は雰囲気も良く、ゆったりと使えるのも同店の魅力といえるだろう。

img_7721

・大きさが選べるパティ

注文したのは店名がそのまま名付けられた「J.S.バーガー」で価格は1人前税込1460円だ。こちらではどのハンバーガーもパティを100グラムと150グラムから選べるようになっており、今回は150グラムのLサイズを注文した。

img_7719

待つこと10分ほどでやって来たハンバーガーは、アボカドの緑・チーズの黄色・トマトの赤が鮮やかさで「さすが、アパレルブランド……!」と思わされるお洒落さ。バーガー袋にも店のロゴがプリントされている。

img_7747

さっそく食べてみると、肉々しいパティは旨味が濃厚で肉汁もたっぷり。バンズはふんわり系で食べ応えも抜群だ。チーズとアボカドも存在感をしっかり発揮していて、決してバンズとパティに負けていない。見た目のお洒落さだけではなく、しっかりウマいハンバーガーだ。

・いい仕事をする玉ねぎ

さらに言うならば、グリルされ甘味が引き出された玉ねぎが、ハンバーガー全体の旨味をワンランク上に引き上げている。基本的にはどのハンバーガーにも玉ねぎが入っているから、苦手でなければぜひ玉ねぎをじっくり味わって欲しい。

img_7732

先述のように、味もさることながら、店の雰囲気もアクセスも良いJ.S.バーガーズカフェ。付け加えるなら座席数も多いので「新宿でハンバーガーが食べたいなぁ」という時は、とりあえず同店をオススメする。

・今回ご紹介した飲食店の詳細データ

店名 J.S.バーガーズ カフェ(J.S. BURGERS CAFE)新宿店
住所 東京都新宿区新宿4-1-7 ジャーナルスタンダード新宿店 3F
時間 月~金11:30~22:30 / 土曜日10:30~22:30 / 日曜日10:30~21:30
休日 不定休

参考リンク:J.S.バーガーズ カフェ
Report:P.K.サンジュン
Photo:RocketNews24.
こちらもどうぞ → シリーズ「最強ハンバーガー決定戦

▼添えつけはフライドポテト。
img_7731

▼新宿ならとりあえずココだ。

J.Sバーガー。新宿ならここだね。 #最強バーガー決定戦 #最強ハンバーガー決定戦連載中

A post shared by P.K.サンジュン (@p.k.sanjun) on