モデルとしてタレントとして、テレビや雑誌で大人気のダレノガレ明美さん。きりっとした顔立ちと抜群のプロポーションに憧れる女性も多いに違いない。そんなダレノガレさんにも、なんとデブだった時代があるという……マジか。

2017年1月5日、彼女は自身のツイッターに67キロもあった時代の写真を投稿。その姿は今のダレノガレさんと大きくかけ離れているが、女性たちを中心に称賛の声が相次いでいるのでお知らせしたい。

・デブ時代の写真を公開

話題の投稿には、以下のようなコメントが添えられている。

「67kgだった時の私。痩せて人生かわりました。自分が太った時に味わった悔しさを知っているから今はしっかり自分で体を調整してるよ! 食べ過ぎた次の日はしっかり調整する! もう昔の私には戻らないように今頑張ってるんだ! だからダイエットしてるみんなも頑張ってね!」

私のデブ時代の写真。 恥ずかしくないよ。 このときがあったらこそ今がある。 今体を大切にしてあげているのもこの時代があったから。 この時代に戻らないように毎日努力する。 2017年みんなにもっと美容について伝えていけたらなーって思ってるよ(^o^) お楽しみね✨ たくさんの女の子が自分に自信を持てるようになってほしいな❤️女の子は笑顔が1番だから❤️ おデブさんで男の子にいじられたり、女の子にこそこそ悪口いわれたりして泣いていた時代があったけど、今思えばその時代があったからこそ強くなった気がする。私にとっていじってくれた人も今思えば救ってくれた人って思えるよ😂みんなのおかげで私は今たくさんの女の子にいろんなアドバイスができる。だから感謝の気持ちでいっぱい☺️ ただのデブが今みんなのお手本になったぜ🤘🏻 イェーイ🤘🏻だからたくさん私はみんなに勇気を与えるね❤️地元の男子がびっくら仰天してるよ😜

A photo posted by AKEMI.D (@darenogare.akemi) on

当時の彼女もチャーミングといえばチャーミングだが、お世辞にもモデル体型ではない。ましてや歯に衣着せぬ発言で有名なダレノガレさん。デブ時代に今のような発言をしても、おそらく誰も相手にしないことだろう。

この投稿に対し、特に女性を中心に称賛の声が相次いでいる。その一部を以下でご覧いただきたい。

・ネットの声

「励みになる」
「師匠って呼んでいいですか?」
「ここまで人は変われるんだ……!」
「これは相当がんばったんだろうな」
「どうやって痩せたのか具体的に知りたい」
「頑張る気が起きました」
「67キロでもこんなに可愛い時点でやる気が出ない」
「ダレダコレ明美ですね」

自分が太っていた時代の写真を公開するのは勇気がいったことだろう。そしてその変貌ぶりに、全国のダイエッターが勇気づけられたハズだ。こうなるとネットの声にもあるように、具体的なダイエット方法も気になるところ。2017年はダレノガレさんが、カリスマダイエッターとして活躍する……かもしれない。

参照元:Twitter @The_Darenogare
執筆:P.K.サンジュン

▼驚くほど違う。