kimi

2016年に公開された新海誠監督の『君の名は。』の快進撃が止まらない。邦画部門の興行収入は「ハウルの動く城」を抜き、歴代2位。洋画を含む興行収入ランキングでも「千と千尋の神隠し」「タイタニック」「アナと雪の女王」「ハリー・ポッターと賢者の石」に続く歴代5位というから驚きだ。

大きなムーブメントを巻き起こした『君の名は。』であるが、人気作品の宿命か、一部で批判的な声があることも事実である。そんな声に対し、新海監督が放った言葉が話題となっているのでお伝えしたい。

・ラジオで批判的な声に対して語る

12月18日放送のTBSラジオ「道上洋三の健康道場」に、ゲストとして登場した新海監督。想像より優しい声で、『君の名は。』についてのエピソードを数多く語っていた。

そもそも『君の名は。』に対する批判とは、「こんなキャッチーなら100億超える映画になるわ」「作家性を捨ててヒット作を作った」「魂をビジネスに売った」「ありがちなモチーフの組み合わせだけで、そりゃあヒットするよ」……といったような、心無い発言である。

以前の記事でご紹介した、漫画家の江川達也氏が「プロから見ると全然面白くない」と酷評していたことなども含まれるのだろう。これほどの人気作品だからこそ巻き起こる、いわば “イチャモン” だが、新海監督はどのように答えたのだろうか? 以下、ラジオからの書き起こしである。

「(批判的な声に対し)それは、あーその通りかもしれないな、と思うのと同時に、そんなに容易なことならば、みなさんやってみればいいじゃないか、という風にも思います」

「僕たちも狙ったというよりは、結果的にこういう数字になったというのもあるんですけど、やっぱり売ろうと思って作ったものが売れるわけではないですよね。それは大変困難なことで、僕たちも2年間、本当にもがいて、もがいて、もがいてきたわけなので、“キャッチーな映画の積み重ねだよね” みたいな言い方をされると多少腹が立ちます(笑)」

──と、まさに完全論破! 一刀両断!! 怪傑ズバットッ!! ……な正論である。作品に対する感想は人それぞれだが、特に映画に携わっている人で「そんなに容易なことならば、みなさんやってみればいいじゃないか」と言われて反論できる人はいるだろうか?

再三申し上げる通り、ここまでのメガヒット作品にならなければ、このようなイチャモンも発生しなかったに違いない。新海監督の言い分について、あなたはどう感じただろうか?

参照元:TBSラジオ「道上洋三の健康道場」興行通信社YouTube
執筆:P.K.サンジュン

▼予告編はこちら。