obeya3
世界は私たちの想像以上に広い。資産、IQ、格闘技、ギターの速弾きなどなど、どんな分野においても探せば上には上がいるものだ。それと同時に下には下もいる。世界を知る旅人たちが口を揃えて「汚い」と言うのがインドだ。ガンジス川は全然聖なる川じゃないとか。

そんなインド好きも恐れおののくゴミ部屋が東京に存在するという……っていうか、私(中澤)の部屋だ。足の踏み場がないどころか、そろそろ寝る場所がなくなりそうな状況は何とかしなければいけない。そこで、ロボット掃除機の『ルンバ』に来てもらったら驚愕の結果に! 『ルンバ』さんマジスゲーーーーーーー!!

・旅人も驚く汚い部屋

ある日、いつもコラボ連載しているGetNaviから私宛てにルンバが送られてきた。確かに以前、「部屋が汚い」と話したことはあったが、GetNaviがそんな気を使ってくれるとは。
ie
自分の部屋が異常であることを知るキッカケになったのは、世界を旅するのが好きな友達のK君が来た日のことだった。当時、中国で働きながら、暇を作ってはアジアを回っていたK君は部屋を一瞥(いちべつ)して言った。「いろんなところに行った俺でも、こんな汚い部屋は初めて見た。お前は世界中どこでも生きていける」と。

その時は、冗談で大げさに言ってるだけかと思った。床が見えないほど紙とかペットボトルが散乱してるし、その中から賞味期限切れの調味料や食材が発掘されることはあるけど、余裕で住めてるわけだし。
obeya6

・世界レベルで汚いことが発覚

だがしかし、先日、アフリカをはじめ世界中を飛び回るロケットニュース24の編集長・GO羽鳥が家に来た時……事件は起こった。まずは、その時の彼のリアクションを以下に記したい。

gohatori

GO羽鳥「ちょっ……嘘でしょお!? マジ……だって入れないもん! ちょっと待って(笑)入れないよココ? ウッソォ! ヤヴァイよ……何だここぉ……ええ~嘘ぉ~ん……爆破でもしたの?」

せいじんち想像以上にヤバかった

A post shared by Go Hatori (GO羽鳥) (@mamiyak46) on

──くねくね恐れおののくGO羽鳥。その口調は完全にオカマだ。私の部屋が汚すぎてGO羽鳥がオカマになってしまった……。彼いわく、「インド・ニューデリーの安宿より汚い。っていうか、比べるのはインドに失礼なレベル」とのこと。世界を知る人物2人の証言。どうやら本当に世界レベルで汚いようだ。これはなんとかしなければ。
img_3421

・『ルンバ』と汚部屋の一騎打ち

そこで、GetNaviから送られてきたロボット掃除機の『ルンバ』に頼ってみることにした。はたして、『ルンバ』はこのゴミ部屋を片付けることができるのか!? 衝撃の対決の結果は次ページで!

Report:中澤星児
Photo:Rocketnews24.