ファッションモデルやタレントとして活動する加藤紗里さん。お笑い芸人の狩野英孝さんの6股騒動で一躍有名になり、現在ではヒールみたいな扱いを受けることも少なくない

だが、そういう世間のイメージとかキャラとかはひとまず全部置いといて、外見だけで判断するなら、そのスタイルは抜群だ。さすがモデル。現在、そんな彼女のインスタグラムの投稿が物議を醸している。「確実に見えてる」「はみ出てます」と騒ぐファンたち。見えてるって一体何が?

・ギリギリ

大議論になっている写真が投稿されたのは、2016年12月12日の11時頃。「ギリギリの斜め45度」とのコメントとともに、自分の楽屋の前で決め顔の彼女が写っている。おそらく「ギリギリ」というのは、11日のタクシー事故で痛めた首の角度のことを言ってると思われる。

だが、この投稿直後から彼女のインスタは「確実に見えてる」「はみ出てる」「影」「パッド」と大議論に発展。以下がその内容である。

・ネットの声

「はみ出てます」
「見えちゃってますけど」
「でかい黒いの見えてます」
「スゲー」
「しまって」
「ギリギリアウト」
「際どい超えてるよ~」
「これは確実に見えてる」
「陰だと思うんですけど…笑」

ギリギリというのは首のこと……と思いきや「ギリギリアウト」という言葉は、事故のことではなく、違う意味もありそうな感じもする。スリップした事故のことではないのか? みんなが議論している内容は、あなたの目でご確認いただければ幸いである。

参照元:Instagram @katosari
執筆:中澤星児

▼不器用な彼女を信じたい

_ ギリギリの斜め45度😭 はじまるよーん♡

加藤紗里(かとうさり)さん(@katosari)がシェアした投稿 –