2016年11月9日、政治&軍事経験ゼロのドナルド・トランプ氏が第45代米国大統領に当選し、世界中が騒然となったことは記憶に新しい。人種差別や性差別的な発言が目立った氏は、なにかと物議を醸してきた人物だ。

それだけに、次期大統領としての素質を疑う声が人々から挙がっているようだが、Googleマップがハッキングされ、‟トランプタワー” が「ゴミタワー」に改名される珍事が発生したというのだ!

・Googleマップがハッキングされる珍事が発生!

不動産王として知られるトランプ氏は、米ニューヨークの5番街に氏を象徴するかのような、ゴールドに輝くトランプ・タワーを所有している。

氏が大統領に当選した後は、銀ギラ銀にさりげなく……ではなく、まばゆいばかりに金キラ金に光る同タワーの前で、ひっきりなしに抗議運動が行われていた。そんなトランプ・タワーが、Googleマップがハッキングされた際、新たな名前を命名されたのである!

・トランプ・タワーが ‟ゴミタワー” に!!


Googleマップでは、名前が「Dump Tower」に改名されていたのだが、Dumpとは英語で ‟ゴミ” を意味する。どこから「Dump」が来たのかというと、トランプ氏の名前ドナルドの ‟D” とTrumpを合体させて、「Dump」になったという訳である。

実際に、以前からトランプ氏を ‟Dump” と呼んでいた人は多かった模様で、筆者のアメリカ人の友人は、かなり昔からSNSなどで氏のことをそう呼んでいた。

・‟ゴミタワー” がロシア語で表記!

そしてハッキングの際、「Dump Tower」が英語ではなく、ロシア語で表示されていた時もあったとのこと。これは大統領選のキャンペーン中に、トランプ氏が「ロシアのプーチンとは親友だ」と言ったかと思えば、「彼とは会ったこともない」と、発言をコロコロと変えていた事実を皮肉っていると思われる。

現在、Googleマップ上でゴミタワーは、元のトランプタワーに名前が戻っているそうだ。

トランプ氏の就任後も、なにかと問題が持ち上がりそうな様相を呈しているが、‟ゴミ” のような政策&行政にならないことを祈りたい。

参照元:Facebook @Donald TrumpMETRO(英語)
執筆:Nekolas

▼トランプ・タワーが「ゴミタワー」に!