dsc09105-1

ラーメン激戦区として知られている北の大地「北海道」。そんな北海道在中の筆者が本当に美味しい一杯を見つけるために様々な店を食べ歩き、その味をお伝えするコーナー。それが「北海道ラーメン探訪」である。

第26回目となる今回は、千歳市にある『麺屋 空(そら)』をご紹介したい。店の名前のとおり、北海道の “空” の玄関 「新千歳空港」の近くにある、優しい味わいの鶏白湯ラーメンが食べられる店だ。それではレポートしていこう。

・鶏白湯スープが名物

冒頭でお伝えした通り、新千歳空港から車で約10分のところにある「麺屋 空」は、鶏白湯スープが名物のラーメン店だ。味の種類は定番の塩、味噌、醤油のほか、辛味噌や背脂のトッピングなど、好みを選ぶには十分なラインナップが揃う。

dsc09057

・チャーシューの肉の種類が選べる

この店はラーメン注文時に、チャーシューの肉を鶏と豚のどちらかで選べるシステムとなっているのが特徴。食いしん坊なかたは、ラーメンにプラス150円で両方の肉が食べられる「チャーシューメン」へ変更することが可能だ。

dsc09082-1

・「塩チャーシュー麺」を注文

今回筆者が注文したのはこの店のオススメの「塩」に2種類のシャーシューが入った『塩チャーシュー麺(税込850円)』である。白濁した鶏白湯スープに、ツヤツヤした鶏と肉々しい豚のチャーシュー、そしてたっぷりのネギが食欲をそそる一杯だ。

dsc09108-1

・バランス良好なスープ

まずスープをいただく。最近の鶏白湯といえばトロッとクリーミーなものが多いが、こちらは比較的サラッとしていてライト。しかし舌触りは軽くても、マイルドで深い鶏のコクはしっかり感じられてバランス良好である

dsc09113-1

・チャーシューもウマい

続いて鶏のチャーシューを食べると……しっとりしていてこれはウマい! さらにスープと一緒に味わうとこれまた絶品!! 優しい鶏の旨味を口いっぱいに堪能できるぞ。

dsc09133

一方、豚のチャーシューはホロっと崩れるほどに柔らかく、厚みがあってボリューム満点! 鶏に比べて肉の繊維感が強いものの、その歯ごたえがアクセントとなってまた麺やスープがすすむ。なお、麺はプリプリとした中太の縮れ麺で、スープもよく絡み好印象であった。

dsc09155

・何度でも通いたくなる優しい味わい

新千歳空港からほど近い場所にある麺屋 空は、ライトな舌触り&マイルドな味わいの鶏白湯スープに、しっとりとした鶏と柔らかな豚のチャーシューが食べられる店だ。その何度でも通いたくなる優しい味わいのラーメンをドライブの途中などに是非お楽しみいただきたい。

・今回ご紹介した飲食店の詳細データ

店名 麺屋 空(そら)
住所 北海道千歳市北栄2丁目31-7
時間 ランチ11:00~15:00 / ディナー17:00~23:00
休日 不定休

Report:K.ナガハシ
Photo:Rocketnews24.
こちらもどうぞ → シリーズ「北海道ラーメン探訪

▼千歳市「麺屋 空(そら)」
dsc09061

▼メニュー
dsc09074

▼「塩 チャーシュー麺(税込850円)」
dsc09108-1

▼しっとりとした鶏肉のチャーシュー
dsc09133

▼ボリューム満点の豚肉のチャーシュー
dsc09135

dsc09144

▼サラッとしていながらもマイルドな鶏白湯スープ
dsc09113-1

▼プリプリの中太縮れ麺もウマい
dsc09155