府中刑務所の中には、AKB48の “まゆゆ” のポスターが貼ってある。作業場の入り口あたりだ。「安全をしっかり確認しましょう」的な主旨のポスターなのだが、受刑者にとっては安全の確認以上に大きな意味を持つポスターに違いない。

——と、ここまで読んで「あっ!」と思ったら、あなたはもしかしたら “あのとき” 私の近くにいたのかもしれない。そんな “仲間” にとっては、ここで記すことなんて目新しくない事柄だろう。しかし、大多数の人にとって刑務所の中は未知の世界。気になる人も多いはずだから紹介したいと思う。あのとき私が見た光景を……

・単なるイベント

というわけで、府中刑務所で行われた「プリズンアドベンチャーツアー」についてレポートしたい。プリズンアドベンチャーツアーとは、府中刑務所の文化祭で行われるイベントの1つ。その名の通り、刑務所巡回ツアーだ。

先日2016年11月3日に行われた文化祭でもプリズンアドベンチャーツアーは実施され、私が参加したという ただそれだけのことである。なお、ツアーは誰でも参加可能だ。

・ツアーに参加すると……

このツアーでは、受刑者の生活空間を直接目にすることになる。メインと言えるのは受刑者が仕事をしている作業場、それからお風呂場だ。受刑者自体を目にすることはないが、彼らが日々の暮らしで守らなければいけないルールの厳しさを感じることになるはず。

一例を挙げると、受刑者が入浴する場合、かけ湯は洗面器2杯まで、入浴中に使えるのは合計で12杯までだという。また作業場でも同様に、「私語禁止」を始めとする様々な禁止事項が表記されている。

……はっきりいって、地獄だ。それは決して労働環境がどうという話ではなく、単純に自由がなさすぎるという意味で地獄だ。少なくとも、私にはそうとしか思えなかった。

もちろん、人によってどう感じるかは異なるだろう。しかし、内部の光景を目にすれば、誰しも自由について、もしくは罪を償うことについて考えるきっかけになるのではないだろうか。

・イラストで内部の様子をレポート

そこでツアーに参加できなかった人のために、内部の様子を写真で紹介……と言いたいところなのだが、あいにく刑務所内は写真撮影不可。

なので法廷レポートのように、イラスト画像でそのとき私が目にしたものをお伝えしたいと思う。次のページにまとめている貴重なイラスト資料が、読者のみなさんにとって何かを考えるきっかけになれば幸いだ。

Report・イラスト:和才雄一郎
Photo:RocketNews24.