img_3937

ルマンド・ルーベラ・アルフォート。いつだって「高コスパ & 激ウマ」なお菓子を届けてくれる大正義メーカー、それがブルボンだ。「安くたって美味しいものは作れる!」を証明してくれる、まさに “俺たちのブルボン” と言っても過言ではないだろう。

そんなブルボンが期間限定で、初のアンテナショップを東京駅にオープンさせた。それが『パティスリーブルボン』である。いつもとは違うちょっぴり高級なルマンドを中心とした、ブルボンファン必見のお店となっているぞ。

・注目は「ラングレイス」と「ルマンド」

2016年11月16日から、東京駅直結の「東京おかしランド」内にオープンしたパティスリーブルボン。八重洲地下中央口を出てすぐのところにあるから、土地勘がない人でも迷うことはないだろう。

img_3929

パティスリーブルボンでは、他では味わえないブルボン商品が取り扱われており、中でも注目は2つ。ラングドシャクッキーを薄いシート状にし、チョコとホワイトクリームで包んだ「ラングレイス」と、大定番の「ルマンド」である。

・キャラメル味のルマンドが激ウマ

今回購入したのは、ラングレイスの20本入り(税込1080円)と、ルマンドアソート27本入り(税込756円)の2商品。それぞれ数種類のフレーバーが用意されているから、きっとお好みのものが見つかるに違いない。

img_3945

さっそく持ち帰り食べてみると、ラングレイスは高級なお菓子……といった感じで普通にウマい。あまりブルボンらしさは感じなかったものの、「こんなのも作れまっせ」という、菓子メーカーとしてのプライドを垣間見た気がした。

img_3959

そしてルマンドアソートは……超ウマい! 今回は「ココア・キャラメル・ビター」のパッケージを購入したが、特にキャラメルは最高オブ最高。調べたところ、すでに「ルマンドキャラメル味」は発売しているようだが、今後ブルボンの顔になる可能性を秘めたウマさだと言っておこう。

img_3963

ちなみに「ビター味」は、ブルボンのCMに出演している桐谷美玲さんセレクトのオリジナルフレーバーだそうだ。こちらも大人のルマンド……といった感じで安定感抜群のウマさであった。

img_3928

・コスパも高い

東京駅でお土産を購入すると、メチャメチャ高くつくことも多いが、プレミアムなルマンド27本入りで756円ならばコスパ的にも悪くないだろう。『パティスリーブルボン』は2017年1月10日まで開催しているから、ブルボン大好きっ子たちはぜひチェックしてみてはいかがだろうか?

・今回ご紹介したお店の詳細データ

店名 パティスリーブルボン
住所 東京駅一番街 地下1 階 東京おかしランド
時間 9:00~21:00
休日 無休

Report:P.K.サンジュン
Photo:RocketNews24.

▼バームロールなんかもあったぞ。
img_3938

▼オススメは、ルマンドアソートだ。27本入りで756円なら、東京駅のお土産で考えると高コスパだろう。
img_3950

▼特にキャラメル味は超ウマいぞ!

ルマンドのキャラメル味が超ウマい。

A photo posted by PKサンジュン (@p.k.sanjun) on