先日行われた米大統領選の結果に衝撃を受け、アメリカでは抗議運動が起こったり、トランプ氏を弾劾できないかとの声まで上がり、国が真っ二つに割れている感がある。

そんななか、今回の選挙で注目を集めていたことの一つが、嗜好用大麻の合法化だ。住民投票により、カリフォルニア州ほか4州にて合法化が可決され、大体的に大麻を支持し続けていた大御所ラッパー、スヌープ・ドッグが大喜びしているのだ!

・カリフォルニア州の嗜好用大麻が合法化!

住民投票により嗜好用大麻の合法化が可決されたことで、カリフォルニア州はマサチューセッツ州とノースダコタ州、ネバダ州とアーカンソー州に加えて、21歳以上であれば、規定量の嗜好用大麻を所持することが可能となった。

これまでに、コロラド州とワシントン州、オレゴン州とアラスカ州、ワシントン特別区で嗜好用大麻が解禁されていたが、今までの倍の州で合法化されたことになる。

・スヌープが「毎日ハッパを吸おう」と大喜び!!


可決されたことを受けて、早速スヌープが、「カリフォルニア州でマリファナが合法化されたぞ。毎日ハッパを吸おう」とツイート。

スヌープといえば、自身の大麻ブランド「Leafs by Snoop:リーフ・バイ・スヌープ」を、リリースしているほどの大麻信奉者である。それだけに、同州での嗜好用大麻の合法化は、特に意味があったのではないだろうか。

・ハイになって大統領選の結果を忘れよう!

ちなみに、ロサンゼルスに住んでいた筆者には、カリフォルニア州に大勢友達がいるのだが、全員が全員「ハイになって大統領選の結果を忘れよう!!」と言っている。

そして、同じように思っているのは彼らだけではない模様で、SNSでも、「これから4年間は、毎日ハッパを吸って乗り切るしかないな」といったコメントが、数多く飛び交っているようだ。

これで、米国では全9州とワシントン特別区で嗜好用大麻が解禁となる訳だが、これからも、合法化に傾く州は増えていきそうである。

参照元:Facebook @Snoop Dogg、Twitter @SnoopDoggthe guardianLeafs by Snoop(英語)
執筆:Nekolas

▼スヌープが「毎日ハッパを吸おう」と大喜び!!

▼さらに昨日にはSoundCloudに新作をアップ