女の子は、小さい頃にフェルトでマスコットを作ったり、編み物に挑戦したりするものだが、対する男の子は、手芸とは縁遠いと言っても良いだろう。だが、「女の子だから、男の子だから」と、その適正を決めつけてしまってはいけないように思う。

というのも、病気の子供達のために、「毎日テディベアを作り続ける少年の才能がハンパない」と、ネットで大きな話題となっているのだ! 手作りとは思えない、そのパーフェクトな仕上がりを見たら、‟手芸は女の子のもの” という先入観を撤回したくなってしまうに違いない。

・病気の子供達のために ‟毎日テディベアを作り続ける” 少年

病気の子供達のためにテディベアを作り続けているのは、豪タスマニア州に住むキャンベル・レメス君だ。彼は、毎日テディベアを1個作ることを目標に、Facebookで「Project 365:プロジェクト365」というページを作成し、ぬいぐるみ作りに精を出しているのだ。

‟子供達のため” といっても、12歳のキャンベル君自身がまだ子供だというのに、なんとも見上げた精神ではないか!

・プレゼントを買えないのなら、自分で作ろう!!


そもそもは彼が9歳だった時に、「病院に入院している子供全員に、クリスマスプレゼントを買ってあげられないか」と、両親に尋ねたことがきっかけだったとのこと。

しかし、「お金がかかりすぎるから無理だよ」との返事を貰ったキャンベル君は、「買えないのなら、自分でプレゼントを作ろう!」と、テディベア作りに着手したのだという。もう、この時点で筆者の目はウルウルである。こうして彼は、9歳にしてミシンの前に向かい、毎日テディベア作りに励むようになったのだ。

・テディベアの出来栄えがハンパない!

そして、キャンベル君が作るテディベアは在り来たりなデザインではなく、様々な色のフェイクファーを使用して遊び心を出していて、なんともキュート! まるで、お店に売っているかのような出来栄えで、その才能に思わず脱帽してしまうレベルなのである!!

3年間も続けているプロジェクトは徐々に人々の注目を集め、キャンベル君の心意気に感動した人が、テディベア作成の材料やお金を寄付してくれるようになったそうだ。

「男だから、女だから」と言っていては、開花させられるべき才能を埋めてしまうことにもなりかねない。また、キャンベル君の奉仕の心と行動力も、ぜひ模倣したいところである。

参照元:Facebook @Project 365 by CampbellMashable(英語)
執筆:Nekolas

▼12歳の男の子が作ったとは思えないほどの出来栄え!!