dsc02908

口笛はなぜ~遠くまで聞こえるの~♪ ご存じ、アニメ『アルプスの少女ハイジ』のオープニングテーマだ。ちなみに口笛は遠くまで届く周波数域をしていて、人間の耳がこの周波数域を聞き取りやすいからよく聞こえるんだって。それはさておき、今回のテーマはハイジに登場する “チーズ” だ! 

とあるシーンでハイジが、たき火で溶かしたチーズをパンに乗っけて食べるのだが、それがめっちゃ美味しそうなのだ。これは一度同じものを食べてみたい!! そこでハイジが何のチーズを食べているのか確かめようと、数種類のスイス産チーズを買い、同じように食べてみたぞ。果たして結果はいかに!? 

・ハイジのチーズの正体を探れ

例のチーズは、第2話「おじいさんの山小屋」で出てくる。おじいさんが炙って食べさせてくれるのだが、もう見ているだけでよだれが出るレベル。今回用意したチーズはラクレット、エメンタール、グリュイエール、スブリンツの4種類だ。たき火は用意できなかったので、代わりにバーナーで炙ることにした。

dsc02932

結果から言うと、スブリンツは一番固くトロッとしなかったのでバツ。ラクレットも近い気はしたが、より溶けたエメンタールとグリュイエールが怪しい。記者の予想では、溶けた上に伸びのよかったグリュイエールだ。

いやでも、ちょっと待て。確かハイジは山羊のチーズだと言っていなかったか? 記者が用意したチーズは山羊の乳じゃなく、牛の乳で作ったものだぞ……。

img_2886

・ハイジの公式HPに問い合わせてみた

戦わずして負けた感じだが、万が一にでもモデルとなったチーズがこの中にあるかもしれない。だって見た目が似ているもの。正解が知りたい! おしえて! そこで「アルプスの少女ハイジ公式ホームページ」に、チーズの正体を問い合わせてみた。すると、返ってきた答えは意外なものだった。

img_20161107_0001

「具体的なチーズの種類は定められておりません」……マジっすか!! なんでも世間一般には “ラクレット説” が濃厚らしいが、熱であぶって溶かしたチーズをかけて食べる料理名がラクレットのため混同されているだけとのこと。つまりアニメに登場するチーズは想像上の産物なのだ。

ハイジが食べているチーズを実際に味わうのは不可能ということか。少々残念だが仕方がない。気分だけでも、という方には個人的にグリュイエールをオススメしたい。溶け具合、伸び具合のバランスが良く、一瞬だけでもハイジ気分を味わえるぞ。ちなみに本日11月11日はチーズの日。試してみるのも一興だぞ。

Report:K.Masami
Photo:Rocketnews24.

▼ハイジが食べていたチーズはどれかな?

dsc02923

▼串に刺して

dsc02938

▼バーナーで炙ってみた

dsc02944

▼グリュイエールが怪しい、そして美味しい

dsc02986

▼正解はなかったが、炙って食べるだけでもハイジ気分! 

ということで、アルプスの少女ハイジごっこ。

A video posted by Kinoshita_Masami (@masami_1010) on