ryou1

自分では平気だと思っていても、意外とドップリと疲れが溜まっていて、油断して車の運転などしようものなら、居眠りしてしまう可能性もある。

そんな事態を招かないためにも、自分の ‟お疲れ度” を把握しておくことは大切だ。そこで、スプーンとステンレスのトレーを使って、「自分がどれだけ疲れているか」を簡単に調べる方法を紹介したいと思う。

・スプーンとステンレスのトレーで ‟疲労度” を確認!

ベッドに横になっている時間が少なくなくても、しっかり休養が取れているとは限らない。浅い眠りのレム睡眠が何時間ぐらいで、爆睡している時間がどれほどなのか、睡眠の質を推し量ることは容易ではないからだ。

自分ではそれなりに寝ているつもりでも、実は疲れが取れておらず、睡眠不足な状態が続いていることもある。そこで、スプーンとトレーを使った方法で、‟疲労度” をチェックすることをおススメしたい。

metal

・スプーンがトレーに落ちる時間を計れば、疲労度が一目瞭然!

この方法は昼間に暗くした寝室で行う必要があり、まずは、ベッド脇の床にトレーを配置。そして、ベッドに横になり、ベッドの端から腕を伸ばしてスプーンを握り、ストップウォッチをスタートさせてそのまま眠る。

これは、米シカゴ大学のナサニエル・クレイトマン博士が生み出した睡眠診断テストで、眠りに落ちて、スプーンがトレーに落下するまでの時間を計ることで、どれだけ疲れているかをチェックすることができるのだ。

ryou2

・5分以内にスプーンを落としたら深刻な睡眠不足!!

博士によれば、5分以内にトレーにスプーンを落としてしまったら、かなり深刻な睡眠不足であるサインだという。そして、10分以内であれば睡眠が十分ではなく、15分以上ならば問題はないそうだ。

time

もし、ステンレスのトレーがないという人は、スプーンが当たって大きな音を立てる物を床に置けば、差し障りなくテストできるのではないだろうか。

最初、スプーンとステンレスのトレーを使うと知った時、筆者はスプーンで片目を隠し、トレーに映った自分の顔の恐ろしさで疲労度をチェックするのかと思ったが、そういう訳ではなかった。自分の睡眠不足の度合いや疲労度を知りたいという人は、ぜひ試してみてはどうだろうか。

参照元:MirrorINDEPENDENT(英語)
執筆:Nekolas
Photo:Rocketnews24.