ネット上に数多存在するレビューサイト。そこでは、物からレストラン、ホテルなど様々なものに対して、誰もがレビューや評価を書き込むことができる。もちろん意見は人によって違うので、評価を巡ってネット上でモメることもしばしば。

今回も、1人の女性客がある店のレビューで「猫が飼われていたから最低評価」としたところ、ネット上が猛反発! 「店には猫が必要」との声がどっと寄せられたのだ!!

・「猫がいたから」と最低評価

ニューヨークで親しまれている “ボデガ(bodega)” と呼ばれる個人経営のコンビニ。この度、そのボデガの1つ『S.K. Deli Market』という店に対して、大手レビューサイト『Yelp』に批判のコメントが投稿された。Diana D. という女性が下記のようなレビューを書き込み、最低評価の☆1つをつけたのだ。

「ここではデリバリーを頼んだことがあったし、サンドイッチもおいしい。でも今日、店に立ち寄ってサンドイッチを買おうとしたら猫がいた。店の真ん中に置かれた箱の上にうずくまっていたのよ!! アレルギーも心配だし、衛生基準に違反しているんじゃないかしら?」

・ネット上では多くの反発の声「ネズミがいたほうがいいの?」

しかし、Diana D. さんに対するネット上の反応は冷たかった。多くの人がその意見を目にして怒り、彼女を批判するコメントを次々と発したのだ。

『Yelp』には「何年もここに通っているけど、いいデリよ。猫も大好き」「彼女は猫よりもネズミがいる店のほうがいいのかな」と店を擁護するレビューがたくさん書き込まれ、Twitter 上では「ネズミを駆除するために、ネコはボデガにいること知らないのかな?」「逆に猫がいないボデガ信用できない」などの反発の声が聞かれた。

人々が説明しているように、ネズミ対策のために店に猫を置いているボデガも多いと伝えられている。このような炎上騒ぎになったからか、Diana D.さんは投稿を削除している。

BODEGA CAT WAS OFF THE STACK OF BEERS FOR THE FIRST TIME #bigday

A photo posted by maddyfbersin (@maddyfbersin) on

・ネズミ対策のために猫を飼い続ける店主たち

だが、法律ではボデガ店頭に猫がいてはいけないことになっているもよう。海外メディア『The New York Times』によると、猫がいるボデガに対しては罰金が課されるそうだ。

その一方で、ネズミが出た場合でも罰金が発生するので、専門家は「猫もネズミもダメなので、ボデガ側にとっては頭が痛い問題なんです」と述べている。また、猫以上に効果的なネズミ対策がないことから、ボデガ店主たちは猫を飼い続けているとも報じられている。

・店主「猫は家族の一員」

ちなみに『New York Daily News』が本件について『S.K. Deli Market』店主にインタビューしたところ、「猫は家族の一員」「商品がネズミに食われて店の評判が落ちるよりは、罰金を支払う」との答えが返ってきたということだ。

専用の Instagramページが存在しているくらい有名なボデガ・キャットたちは、多くの人々から愛されているのだった。

参照元:YelpMashable、NY Daily News[1][2]The New York Times(英語)、Instagram[1][2]
執筆:小千谷サチ

▼今回話題となった、『S.K. Deli Market』のニャンコ

Lil Scratchers #cat #priorities #sleepy #bodegacat #nyc #nugget #scratchy

A photo posted by Kevin Klakouski (@kevguy4k) on

▼ボデガキャットたちばかりがアップされる Instagram もあるんだよ!

@korrycat

A photo posted by Bodega Cats (@bodegacatsofinstagram) on

@vlapinski

A photo posted by Bodega Cats (@bodegacatsofinstagram) on

@chuckandbuddha

A photo posted by Bodega Cats (@bodegacatsofinstagram) on

▼『Yelp』の低評価レビューに対して、反対の声をあげるツイート