img_2179

またも “文春砲” が炸裂した。2016年10月27日発売の週刊文春によると、2015年末の「日本レコード大賞」を受賞した「三代目J Soul Brothers from EXILE TRIBE」(以下三代目JSB)が、審査員を買収したというのだ。

しかも、芸能界で絶大な権力を誇るとされる芸能プロダクション「バーニングプロダクション」が一枚かんでいるというから穏やかではない。詳しくは週刊文春をご覧いただきたいが、この報道に三代目JSBファンは大激怒! ネット上はブチギレまくりのコメントであふれている。

・レコード大賞の審査基準

第57回までが開催された由緒正しき音楽の祭典、日本レコード大賞。過去には「美空ひばり」「沢田研二」「サザンオールスターズ」「Mr.Children」「GLAY」「安室奈美恵」……などなど、そうそうたるメンバーが大賞を受賞している。

特徴的なのは審査方法で、単純に売り上げだけで大賞が決まるわけではないということ。その基準は日本作曲家協会によると、以下の通りとなっている。

「作曲、作詩、編曲を通じて芸術性、独創性、企画性が顕著な作品とする。優れた歌唱によって活かされた作品で大衆の強い支持を得た上、その年度を強く反映、代表したと認められた作品に贈る。審査対象は『優秀作品賞』に選ばれた作品とする」

つまり、審査員による主観的な見解が大きく反映されるシステムとなっており、今回の報道はさておき、審査員の買収が可能かどうか考えれば「可能」と言わざるを得ない審査方法だといえる。

しかし、ひたむきな努力で知られる三代目JSB及びLDH(三代目JSBの所属事務所)が本当にそんなことをするのだろうか? 真偽は不明だが、当然三代目JSBファンたちは激怒……どころかブチギレているようだ。一部の声をご紹介しよう。

・ネットの声

「文春、ネタがないからってガセかよ(笑)」
「ガセネタわかりやすすぎw」
「絶対お金じゃないから。三代目の涙とか嘘じゃないから」
「HIROさんに謝れクズ」
「私は最後の1人になってもLDHを信じてる!」
「あるわけないぢゃん! ライブ観たらそんなこと言えなくなるから!?」
「あんまりウチらを舐めんなよ?」

なお、疑惑の楽曲は「Unfair World(アンフェア ワールド)」となっており、「出来過ぎている」との声も多いようだ。とにもかくにも数々のスクープをすっぱ抜いてきた週刊文春だけに、かなり自信があるとみて間違いない。今後の経過を見守ろう。

参照元:週刊文集WEB日本作曲家協会
執筆:P.K.サンジュン
Photo:RocketNews24.

▼週刊文春に名前が登場するavexの松浦社長。潔白ならLDHともども、早めに釈明してほしいものだ

ヒロと #exile #HIRO #後輩 #masatomatsuura #ぜってぇ負けねぇ #今から釣り行く

A photo posted by masato matsuura (@masatomatsuura) on