colorcontact01

日本でも、イベントとして浸透した感のあるハロウィンが、もうすぐやって来る。今週末は、思い思いのコスチュームに身を包み、パーティーやパレードに出かける人も多いのではないだろうか。

そして、仮装の一環として、ゾンビのように目が白く見える、装飾用コンタクトレンズなどを入れる人もいるだろうが、その使用に関してネットで注意が促されている。なんでも、視力矯正用以外の装飾用コンタクトレンズは角膜を傷つけ、角膜感染症や角膜炎になる可能性があり、最悪の場合は失明の恐れがあるというのだ!!

角膜炎になる確率が16倍に!

イギリス人で16歳のリー・カーペンターさんは、2015年のハロウィンでゾンビの仮装をした際、装飾用コンタクトレンズをはめて角膜に傷が付き、右目が不自由になってしまったという。

米国眼科学会によれば、矯正用でないコンタクトレンズは角膜炎になる確率が16倍も増え、レンズをはめている間に、視力が損なわれることもあるとのこと。

・装飾用コンタクトレンズで失明の恐れが!!

視力矯正用のコンタクトレンズは、眼科で視力をチェックして、使用者の眼球にフィットしたものが提供される。しかし、装飾用はデザイン重視で、検眼した結果に基づき使用する訳ではないため、使用者の目に合わないことが多々ある。

すると、角膜を傷つけて細菌が入り込み、角膜感染症や角膜潰瘍を引き起こすこともあるのだ。

・眼球に傷が付いたら大変なことに!

また専門家は、「薬剤師ではなく、オンラインでメキシコからドラッグを入手するようなもので、商品の出所が不明な物を目に入れるなど、危険極まりない行為です」とコメント。

続けて、「脚に少し傷が付く程度なら問題ありませんが、眼球の真ん中に傷が付いたら大変なことになります」と注意を促している。

完璧に仮装したいがために、装飾用コンタクトレンズを付ける人もいるだろう。だが、そのせいで目が不自由になってしまっては元も子もないので、十分に注意して頂きたいと思う。

参照元:Instagram #contactlenseMETRO11ALIVEAmerican Academy of Ophthalmology(英語)
執筆:Nekolas
Photo:RocketNews24.