img_2625

海鮮といったら、やはり北国の方が美味しいイメージがあるよな。北海道とか東北とか。いいな~、海沿いの港町とかで魚食べたいな~。さぞかしウマいんだろうな~。とブツブツ言いながら、私(あひるねこ)はこの記事を東京で書いている。そんなすぐに行ければ苦労はしないのだ。

ところが、なんと東京にいながら超新鮮な海鮮を食べられるお店があるらしい。しかもそこ、宮城県の漁師さん直営の居酒屋だという。漁師をイメージしました的な店ではなく、ガチ漁師さんのお店なのだ。何それ行きたい、というわけで行ってきたぞ。東京ならすぐ行けるぜ!

・今年オープンした漁師酒場

東京・JR中野駅南口から徒歩数分。「宮城漁師酒場 魚谷屋」は、宮城県の若手漁師さんがクラウドファンディングで立ち上げたという今っぽいお店だ。店内はとにかく宮城推し! 至る所に宮城を感じられて、思わず地元かと錯覚してしまいそうになる。行ったことはないのだが。

img_2580

・メニューがない

面白いのが、こちらのお店には決まったグランドメニューがないのである。その時期の旬の食材を使うため、メニューは日々変わるらしい。店員さんによると、「毎日来ても楽しめますよ」とのこと。良い。そのやり方、非常に良い。ならば、オススメされている料理を頼めば間違いないだろう。

・新鮮な刺身に悶絶

石巻湾直送という宮城の鮮魚刺し盛りである『満点盛り(1180円)』を頼んでみた。本日はカツオ、スズキ、クロソイ、ヒラメの4種。わかってはいたけど、これウマすぎるだろ! 宮城すげぇぇぇぇええ!! もはやその新鮮さは言うまでもない。クロソイの歯応え、はぁたまらん……。

img_2598

・贅沢にホタテを食らう

それともう1つ、感動的にウマかったのが『ホタテの浜焼き(500円)』だ。いや、これもウマいのは食べる前から確定している。だから記事的に頼まなくていいかとも思ったのだが、気付いたらバター醤油味と すだち醤油味が両方テーブルにあった。まあ、あるんじゃしょうがねーな。食べるか!

img_2625

ブ厚いホタテにかぶりつく。なんという肉厚。贅沢とはまさにこのことだろう。あと、焼いたホタテの ひものウマさは異常である。こんな新鮮なホタテだと、これだけで酒が進む。頼んでよかった~。大正解だった。

img_2619

・穴子出汁のおでん

最初に書かなかったが、お店に入ってすぐに気付くのが、店内を包む出汁の香り。そう、「魚谷屋」は海鮮だけでなく、なんと おでんもあるのだ。そこで『盛り合わせ(680円)』を頼んでみた。珍しい穴子出汁が使われており、非常に上品な味。そして、なんとクジラが入っていたぞ! クジラのおでんって初めて食べたな。

img_2642

・あら汁でシメる

そろそろ帰るか、と思った矢先。『あら汁とご飯セット(400円)』なるものを発見。あちゃー、目に入っちゃった。目に入っちゃったから、頼むしかないな。魚がゴロゴロ入ったあら汁とご飯。最強のシメである。さて、身も心も温かくなったところで帰るとしよう。

img_2658

・漁師さんへの感謝

ちょっと気になったのが、ボードに書いてあった「ホタテ漁師 高橋直哉来店!」の告知。正直ちょっと笑った。いや誰やねん、と。『細かすぎて伝わらないモノマネ選手権』の「くじら」のスターシリーズ的な面白さがある。だが、あのホタテもこの人が獲ってくれたのだろうか。高橋さん、本当にありがとう。

img_2656

・帰るのが惜しい

「クジラ」ネタもキレイに繋がったところで、そろそろ真面目に帰ろう。実は、まだこのお店にいたくて無理やりネタを探していたのだよ。美味しい海鮮料理はいくらでも食べられる気がするよな。さあ、次来る時は何を食べさせてくれるのか。今から楽しみである。

・今回ご紹介した飲食店の詳細データ

店名 宮城漁師酒場 魚谷屋
住所 東京都中野区中野2-12-9 高田ビル B1F
時間 17:00~24:00
休日 日曜・祝日

参考リンク:宮城漁師酒場 魚谷屋
Report:あひるねこ
Photo:RocketNews24.

▼お通しはアカモクがのったサラダ
img_2588

▼『新サンマ刺身(450円)』
img_2609

▼カツオ
img_2599

▼ヒラメ
img_2601

▼スズキ
img_2603

▼クロソイ
img_2605

▼『乾坤一(750円)』、置いてある地酒もすべて宮城県産だ
img_2635