chocom1

チルドコーヒーといえば、「マウントレーニア」である。編集部の和才は、これのカフェラッテを飲みまくっていた。編集部では飲み切った空の容器が2~3個放置され、家では冷蔵庫に常時ストックを抱えていたほどだ。

そのマウントレーニアがなんと……、チョコになってた! 森永製菓から2016年9月20日から発売されていたのである。知ってたか? 私(佐藤)は知らなかったぞ。マウントレーニアマニアの和才でさえも、知らなかったらしい……。

・チョコで再現?

この商品は、もっとも愛飲されているに違いないカフェラッテをイメージして、作られたそうだ。あの飲料のふんわりとした飲み口を、チョコで再現したってこと?

chocom2

商品には、小麦パフと焼き菓子のフィヤンティーヌを使用しているのだとか。小麦パフは何となくわかるけど、フィ、フィフィ、フィヤンテなんちゃらは何だ? まあいいか、食えばわかるか。

chocom3

・カフェラッテ色

実物を見てみると、たしかにチョコの色はあのカフェラッテな感じを再現している気がする。カフェラッテ色ってのがあるのかどうかわからんけど。食べてみると……。

chocom4

開封すると、まずキャラメルのような匂いがブワっと広がる。匂いが猛烈に甘い、好きな人はこの匂いがクセになるかも。ひとつ口に入れると、柔らかな甘さとサックリとした食感。これはおいしいね。

・全然別モノ

マウントレーニアを再現しているかって言われると、全然再現できていない。当たり前だけどまったく別モノ。なんだけど、これはこれで美味しいと思う。マウントレーニアを飲みながら、このチョコを食べるのは良いと思う。まあ、マウントレーニアファンが納得するかはわからないけど、一度食べる価値はあると思う、ウン。

Report:佐藤英典
Photo:Rocketnews24

マウントレーニアがチョコになってた!

A photo posted by Hidenori Satou (@hidenori_satou) on