masaru1

寒くなると、温かいものがご馳走だ。いや、寒くなくてもご馳走はご馳走。ウマいものは、たとえ暑いときに食べてもウマいし、寒いときに食べてもウマい。まだ鍋には早い季節。しかしながら、ウマい鍋は暑いさなかに食ってもウマいのである。

ホルモンまさるの「牛鍋定食」も、季節を問わずに食べたい一品である。コスパが高いうえに、提供される量が少ない! てんこ盛りの牛肉鍋が980円。しかも限定4食!! これは、冬が来ずとも食べるべきだろッ!

・すぐに品切れ?

お店は都営三田線の三田駅から、徒歩約5分。飲食店が立ち並ぶ界隈にあり、ランチ激戦区の真っただ中にある。かねてから、ここの限定メニュー、牛鍋定食はスゴイとの噂を聞いていた。これは開店と同時に入店しないと、すぐに品切れになるのでは? と心配していた。

masaru2

開店前に到着して、店先のメニューを見ると、限定4食。これはヘタをするとマジで食えないかも。幸い、開店時間の最初のグループで入店することができた。最初の選ばれし4人に入ることができれば、オーダーは可能だ。

masaru3

・カセットコンロ独り占め

この日はもつ煮込み定食が品切れであるだけでなく、牛スジ煮込み定食も仕込みが間に合わなかったとのこと。焼肉定食も評判が良かったのだが、私(佐藤)は牛鍋を食べることに。だって、限定4食って言われたら食いたいでしょ! 

そして、しばし待つとカセットコンロが登場。1人用の小さなセットが来るのだと思ったら、家庭用の大きなコンロ。その上に乗った牛鍋もデカい! これ4人で取り分けるレベルだぞ。

masaru4

・思わずアツくなる

野菜が隠れるほど、ビッシリと敷き詰められた牛肉。しかも肉の色合いはとてもキレイだ。どう考えてもウマいでしょ、コレ!

masaru5

煮立つまでしばらく待つ。店内はエアコンが効いているはずなのだが、カセットコンロの熱と、焼肉定食用の七輪の熱で、次第に暑くなってきている。いや、もしかしたら、ウマい肉を食えるという興奮で、私自身がアツくなっていたのかも。興奮を抑えきれない……。

masaru6

・肉を育てる

十分に煮立ったところで、野菜を崩して、まだ色づかない肉をアツアツの鍋のなかに沈める。1人鍋はいい。自分のペースで肉を育てられるからいい。至福の時だ。

masaru8

よしよし、私好みの肉に育った。そう思ったところで、すくい上げてみると……。

masaru9

実にウマそうである! このままでもウマいに違いない。それを溶きタマゴにくぐらせて、口のなかに放り込む。う~ん、絶品である。肉の旨さに思わず悶絶しそう。こんなぜい沢、1000円以下でなかなかできないぞ、マジで!

masaru10

ご飯にタマゴをくぐらせた肉を乗っけて、すき焼き丼にしても最高じゃないか!

masaru11

・鍋底にはうどんが!?

さらにこの鍋には、スゴイ秘密が隠されている。それは……、鍋の底にうどんが沈殿しているのだ! そう、肉と割り下の旨味を十分に吸ったうどんを、最後に食すことになる。わかってる~! ご飯でそこそこお腹が満たされたところで、すき焼きうどんで締め。幸せの極地!!

masaru12

ちなみにこのお店、ご飯はおかわり自由なのだが、最後にうどんが潜んでいることを忘れるな。ご飯をおかわりしすぎて、うどんの美味しさを半減させてしまったら、身もフタもないぞ!

・今回訪問した店舗の情報

店名 ホルモンまさる
住所 東京都港区芝5-21-14
営業時間 11:30~13:30 / 17:00~23:00
定休日 日曜日

Report:佐藤英典
Photo:Rocketnews24