p1450731

2016年10月7日、ついにあの男がスクリーンに帰ってくる……。そう、CIA暗殺者が世界を舞台に駆け巡るアクション映画「ボーンシリーズ」の主人公『ジェイソン・ボーン』だ。……そして演じるのはハリウッドきっての人気俳優、あの「マット・デイモン」である!

日本でも大ヒット間違いなしの話題作だが、なぜか我々ロケットニュース24にも「マット・デイモンにインタビューしませんか?」とオファーが……ってマジかよ! てかバカかよ!! 「行きます行きます行かせていただきます!」と即答し、ここにまさかのデイモンちゃんに直接インタビューが実現しちゃったぞォォオオオオオ!!

・緊張感あふれる現場

8月某日。映画「ジェイソン・ボーン」のプロモーション活動の一環で来日したマット・デイモン。インタビュー会場となった某ホテルの控室は、異常なほどにピリついていた。そりゃそうだ……マット・デイモンだもの。

img_0122

ハリウッド俳優とは、いわば芸術家。もしかしたらデイモンちゃんは気難しい人なのかもしれない。ましてや脚本家としても知られる彼のことだ、Tシャツ姿はマズかったのかも……。そう思ったものの時すでに遅し。分刻みで進むスケジュールが迫り、我々の番が回ってきた。おそるおそるデイモンちゃんのいる部屋に足を踏み入れると……!

「ハイ!」と椅子から腰を上げて、向こうからシェイクハンド! マジか!! デイモンちゃん、めっちゃいい人やん!! 笑顔も最高すぎィィィイイイ! というわけで、以下が世界最強のナイスガイ、マット・デイモンのインタビューとなっているぞ。

p1450723

記者:「試写会で新作(ジェイソン・ボーン)を拝見しました。特に冒頭のアテネのシーンが最高でした。暴動の様子なんかがリアルでしたね」

「ありがとう。あれはカナリヤ諸島で撮影したんだ。エキストラは全員、地元の人だったんだけど、みんながわざわざギリシャ語を覚えてくれたんだよ。普段はスペイン語なのにね。

しかも夜のシーンだったんだけど、彼らは撮影が何日かかろうとエネルギーが落ちることが全くなかった。あのシーンが成功したのは、彼らのおかげと言っても過言ではないだろうね」

記者:「あれ、アテネじゃないんですか!? 凄いなー。ところで今回の敵役 “トミー・リー・ジョーンズ” さんですが、ここ最近の日本ではCMなどで、どちらかというとコミカルな印象があります。映画ではかなり悪い顔をしてましたが、彼はどういう人なんでしょうか?」

p1450722

「23歳の頃、彼の初監督作品(テレビドラマ)に僕をキャスティングしてくれたんだ。その給料で僕は “グッドウィルハンティング” をベン・アフレックと書くことが出来たから、彼は僕の人生において大きな役割を果たしてくれた恩人だよ。

最初に仕事したときは、とにかくおっかなかったね。彼は頭がすごくいいんだ。色々な知識があるから、下手なことを言ったらまあ怒られる。それはものすごく覚えてるよ」

カッコいい、カッコいい & カッコいいマット・デイモン。失礼を承知で質問した「ぶっちゃモテたの?」「どうしたらYouくらいカッコよくなれるかな?」に、果たしてデイモンちゃんは何と答えたのか? インタビューの後半2ページ目へ急げ!

参考リンク:映画「ジェイソン・ボーン」
Report:P.K.サンジュン
Photo:RocketNews24.