01

世界中で展開する『スターバックス』! チェーンでありながらそのメニューやグッズは、国や地域によって異なる。地元にもあるのに、旅先でついつい入っちゃうんだよねえ。

そんなスタバで、一部地域限定でプレミアなメニューが販売されているのをご存知だろうか? それは「月餅(げっぺい)」。あの茶色くて胃もたれがする中華菓子でしょ……と、思ったらとーんでもない!! 従来の月餅のイメージを覆すカラフル&悶絶キュートなお菓子なのだ!

・スタバの月餅が可愛いすぎィィィッ!!

月餅が手に入るのは、中国、香港、台湾、シンガポールなど中華系が多い地域のスタバだ。ただ、同じスタバ月餅でも国によって素材や味が異なる。今回は、中国大陸版をゲットしたぞ。

02

さて、手に入れたスタバ月餅は広辞苑ほどの大きな箱。パカっと開けて飛び出したのは、立体的なスタバの人魚である! 十五夜らしく満月やウサギもデザインされ、飛び出す絵本みたいでとっても粋だ。

03

04

そして中のフタを開けると、いよいよ主役の月餅が登場だ。満開の花のような月餅に大きくスタバマークがかたどられている。月餅の細工もさながら、赤、緑、茶色と彩りが可愛いらしい!

05

・「博多通りもん」みたいでメチャウマ!

月餅というと、日本では栗まんじゅうのような質感のものが有名だが、スタバ月餅はまるで違う。和菓子の練り切りを思わせるビジュアルだ。

img_8814

さらに違うのは見た目だけではない。皮はし~っとり。これは、台湾式桃山皮月餅というそうで、ミルクまんじゅうの雄・福岡の「博多通りもん」に似ているぞ。余談だが、この桃山皮は和菓子にルーツがあるのだとか。

06

そんな皮に包まれたズッシリした餡(あん)は、重量ほどのクドさはない。どれも甘すぎず、それぞれのフレーバーをしっかりと感じることができるのだ。

ちなみに、赤は「チーズクランベリー」、緑は「抹茶玄米」、そして茶色は「南米風コーヒーヘーゼルナッツ」。ちなみに、私・沢井のお気に入りは抹茶玄米だ。上品な抹茶の味わいから沸き立つ玄米の香ばしさが最高だった。これは日本でも売ってほしい!

07

08

クランベリーは果肉も入って洋菓子寄り、コーヒー味はカフェラテのようなミルク感があり、ザクザクのナッツの食感が楽しい。いや~、どれもハイカラで美味しゅうございました! 

・メンツと見栄とスターバックス

そんなスタバ月餅のお値段はというと……ズバリ6個入りで328元(約5020円)! 1個あたり800円以上!! た、高すぎィィィィッ!!!!!! ちなみに328元は一番下のグレード。1箱1万円近いものの方が人気があるそうだ。

09

中国では、中秋の季節にお世話になっている人に月餅を贈る習慣がある。だが、以前はなぜか豪華な箱に入った高額な月餅ほどマズイ傾向にあった。その点、スタバ月餅は、オシャレでお値段もまぁ恥ずかしくなく、さらに万人受けする美味しさ。……となれば、人気が出るのも理解できるというものだ。

img_8942

さすがに自分用に買うには躊躇してしまうお値段だが、和菓子に近い食感で日本人の口にも合うはず。気合いの入ったお土産に一箱いかが?

Report:沢井メグ
Photo:Rocketnews24.

▼中国スタバの月餅~!
02

▼意外とデカい!! 広辞苑並!

▼細工もゴージャス
04

▼328元(約5020円)は、3つのフレーバーが入っていたぞ
img_8784

▼洋菓子みたいに食べやすい「チーズクランベリー」

img_8903

▼チーズ風味の餡(あん)と、クランベリーの果肉♪ コーヒーに合う!
06

▼ナッツの食感が楽しい「南米風コーヒーヘーゼルナッツ」。カフェラテみたいな味だよ
10

11

▼沢井的イチオシは「抹茶玄米」! 玄米の香ばしさが抹茶を引き立ててくれる
07

08

▼1個あたり800円。結構大きいけど、そんなものなのだろうか

▼ちなみにハイグレードのものは売り切れだったそうです。中国の中秋節への気合いがハンパないよ……!
12