最近では、プチ整形でまぶたを二重にしたり、メイク感覚で気軽に整形が出来てしまうご時世になり、韓国や台湾など、格安で整形手術が受けられる旅行ツアーなども登場している。

そんななか、モデル志望の青年が、たった700円という激安価格で鼻とアゴの整形手術を受けたところ、 施術部位がパンパンに腫れ上がり、トンでもない状態になってしまったというのだ! どうにも、ヤミ美容整形の危険性を感じずにはいられない件を、紹介したいと思う。

・モデル志望の青年が700円で鼻とアゴの整形をしたら……

フィリピン人のエロウェ・アルヴィソさんは、まだ彼が10代だった2012年に、313フィリピンペソ(約680円)という信じられないような激安価格で、鼻とアゴの美容整形手術を受けた。

モデル志望だったエロウェさんは、手術前もなかなかキュートな顔つきをしていたが、整形後は、鼻筋がシュっと通ったイケメンに変身! その後、念願叶ってモデル事務所と契約を交わした彼だったが、手術から2年ほど経った頃、鼻とアゴの形が変形し始めたのだ。

・整形に使用されたのはシリコンではなかった!!

心配になって、整形を施した医師を訪れると、なんと、彼の鼻とアゴに入れられたのはシリコンではなく、蝋(ロウ)とワセリン、封水剤(排水の悪臭を止める液体)の混合物だったことが判明したというのである!!

フィリピンにおける、2012年当時の美容整形額の相場が分からないが、いくらなんでも、鼻とアゴの整形で約700円とは安すぎる。そして、異物に拒否反応を起こした鼻とアゴが、だんだん赤く腫れ上がり見るも無残な状態に!

・モデル事務所との契約を失ってしまった青年

緊急で、外科手術を受けたエロウェさんは危険な状態は脱したが、彼の鼻とアゴには大きな傷跡が残り、モデル事務所との契約を失ってしまったとのこと。

彼に整形を施術した人物は、無免許で手術を行った罪で刑務所に服役中だ。フィリピンでは、免許を持たないヤミ医者による美容整形施術が横行しており、その犠牲者になる人が後を絶たないそうだ。

「きれいになりたい、カッコ良くなりたい」という気持ちは理解できる。だが、整形手術を受けるのなら、信用できる医師やクリニックであるかどうか、きちんと事前に確認しておきたいものである。

参照元:Instagram @ellowealviso_24indy100(英語)
執筆:Nekolas

▼鼻とアゴに大きな傷が残ってしまった……

Its Nice To See You #theriver

A post shared by Ellowe Alviso (@ellowealviso_24) on