OLYMPUS DIGITAL CAMERA
「この長い長い下り坂を~♪」と、ゆずの『夏色』を駅メロディ(列車接近案内音)に採用しているのは京浜急行の上大岡駅。駅周辺はショッピングセンターや商店街などの生活施設が充実していてとても賑やか、爽やかな青春ソングがとても似合う街である。

さて、今回ご紹介するのは、賑やかな商店街を抜けた先にある一軒の中華料理屋『上大岡タンタン』だ。このエリアでは無敵の超人気店で、なかでも主役の「タンタンメン」にハマる人が続出中とのこと。さっそく、仕事帰りに行ってきたので報告したい。

・22時30分に到着

上大岡駅から徒歩5分、駅から見ると巨大なショッピングセンターの裏側にあるために人通りは多くない。筆者も最近「実は……」と知り合いから話を聞くまでは、お店の存在を知らずにいたので掘り出し物を見つけた気分だ。地元民から教えてもらう名店情報に間違いはない。

そんなわけで自然とテンションも上がり、夏色のメロディに乗って軽やかに歩いていると上大岡タンタンの看板を発見……マジかよ、22時30分の段階で店の外に十数人の列ができている! 仕事帰りに並んででも食いたいラーメンの味とは……確かに気になるな。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
15分ほど待っていると「前後のお客さんと4人でどうぞ~」とテーブル席へ案内された。混雑時の合席は当たり前のようだ。よしっ頭の中のリハーサル通り、壁のメニューをチラッと見て常連っぽい感じで名物の「タンタンメン(730円)」を注文しよう! 人気店で注文に戸惑うと恥ずかしい気持ちになるからだ。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

・食べてみる

5分ほどしていよいよ、噂のやつがやって来た……デカい。夜中に軽く食べるレベルではなさそうだな……最高かよ。ダイエットのホイッスルを鳴らすのは明日にしよう。スープ全体を覆いつくしている挽き肉と溶き卵が「早く食べて」とこちらを見ている。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
それでは一口食べてみる……おいおいこれは神が召し上がるラーメンなのか、ウマすぎるだろ。辛味の効いたスープは出汁の旨味がしっかり出ていて、中太やや縮れ気味のストレート麺と相性抜群じゃないか。モチモチの麺は食べごたえがハンパないな、ニンニクの香りも美味しさを引き立てている。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

・「中辛」「大辛」もあり

というわけで、夜中だということを忘れてすっかり完食してしまった。店を出ると外にはまだ長い列が……マジかよ。確かに “たまに無性に食べたくなる系” のラーメンと言えるだろう。見事にハマる味だ。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
また、壁のメニューに書いてない「味噌タンタン」を注文している人や、通常のタンタンメンを「中辛」「大辛」にしている人もいた。人気の秘密はまだまだ隠されているのかもしれない。というわけで、気になった方はぜひチェックしてみてくれよな!

・今回ご紹介した飲食店の詳細データ

店名 上大岡タンタン
住所 神奈川県横浜市港南区上大岡西1-19-13
時間 18:30~翌3:00
休日 日曜日・祝日

Report:砂子間正貫
Photo:RocketNews24.

▼行列覚悟で上大岡タンタンへ
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
▼メニュー
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
▼タンタンメン
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
▼絶対にウマい見た目
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
▼麺がモチモチでウマい
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
▼最高でした
OLYMPUS DIGITAL CAMERA