2
手裏剣でピンチを救ったお姫様に本当は恋心を抱いているのに、決して姫の前には姿を現さないクールな忍者……というのは、筆者の忍者に対する勝手なイメージだが、存在そのものが闇に包まれている忍者の研究には想像力も大切なのだという。う~んミステリアスな忍者って超カッコイイ。

と、忍者に憧れている筆者だが、今は手裏剣を投げる時代ではないことも承知している。しかし先日、ブラブラ街を歩いていると「手裏剣道場」と書かれた看板を偶然発見……マジかよ手裏剣投げてみてぇぇぇえええ! ということで投げてきたので報告したい。

・新宿忍者からくり屋敷

東京・新宿の歌舞伎町と言えば、日本を代表するネオン街だ。眠らない街の一角に今回ご紹介する『手裏剣道場 新宿忍者からくり屋敷』は存在する。小さな雑居ビルの階段を4階までダッシュで駆け上がれば到着、バババンと連なっている鳥居のトンネルをくぐって、いざ戦国の世へ!
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
入り口には現代に生きる忍者が待ち構えていたが「少々お待ちください」とのことなので待つことに。屋敷の中からは「ワーオ、ビューティフォー、オーマイガッ!」という声が聞こえてくる……マジックショーの順番待ちみたいな感じだが、とにかく中では激しいパフォーマンスが繰り広げられているのだろう。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

・忍者体験

5分ほど待つと「マジ最高でした」という表情を浮かべている外国人観光客と入れ替えで、筆者の番が来た。屋敷内に隠された様々な仕掛けはガチで実戦的、さすが忍者! といった感じだ。模擬刀を使った訓練も道場内に緊張感が漂う。そして、次はいよいよ手裏剣である……。
5
なんでも手裏剣は、字の通り「手の裏に隠せる剣」という意味を持ち、無限に投げまくるものではないそうだ。確かに適当に何十枚も投げて外した場合、敵に全部拾われて一気に形成逆転されてしまう気がする。だからいざという時に「手から離せる剣」と書く手離剣になるのだ。
4
いざ手裏剣を持ってみると見た目以上にズシッと重い。確かに何十枚も服に入れて走るとスピードが落ちる上、落として足に刺さったら絶望的な気持ちになる。それはさておき集中して的を狙おう……シュッ、ズバンッ! 
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
おおおお、力強く的に刺さると興奮する。思った以上の破壊力だが、正確にコントロールするにはかなりの訓練が必要だろう。
img1473386151827

・入場料は1000円

いかがだっただろうか。今回は憧れの忍者体験を楽しんできたが、入場料は1000円なので忍者に興味のある方はもちろん、ちょっと変わったデートを楽しみたい方にもオススメだ。気になった方はぜひ足を運んでみてくれ!

・今回ご紹介したお店の詳細データ

店名 手裏剣道場 新宿忍者からくり屋敷
住所 東京都新宿区歌舞伎町 2-28-13 第一和幸ビル 4F
時間 10:00~21:00(最終入場20:30)
休日 不定休

参照:手裏剣道場 新宿忍者からくり屋敷
Report:砂子間正貫
Photo:RocketNews24.

▼この看板が目印だ
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
▼入り口からドキドキする
1
▼気持ちを集中して待とう
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
▼これは忍者刀だ
5
▼手裏剣の練習
4
▼筆者も気持ちを盛り上げるため、特別に頭巾を貸してもらった
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
▼いざ……
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
▼ズバンッ!
img1473386151827
▼気になった方はぜひ遊びに来てくれよな!
OLYMPUS DIGITAL CAMERA