dive1

今まで、コストパフォーマンスの高い持ち帰り弁当をいろいろと紹介してきた。安くて量が多い! これは消費者にとっては有難いことだ。特に食べ盛りの若者や、肉体労働に従事する人にとっては最高だろう。しかしながら限度がある。

「安くて量が多い」、このバランスを崩すと、かえって注文しずらくなってしまう。たとえば、安いのに量が多すぎるとか……。東京・亀戸の「キッチンDIVE」の弁当は、まさしくこれだ。総重量1キロ以上の「1キロ弁当」が安すぎる! まさに価格破壊!! 1キロ越えでこの値段はやり過ぎだろッ!

・200円弁当!?

おかずてんこ盛りの1キロ弁当の価格は、555円(税別)。これを販売している、キッチンDIVEは亀戸駅から徒歩数分のところにある。まず店まで行って驚く。表の看板に「毎日満足200円弁当」と書かれているじゃないか! 弁当200円って、凄まじい安さだ。しかもこのお店、24時間営業だ。やって行けるのか心配になってしまう。

dive2

・侮れない

その200円弁当を見てみると、ハンバーグやコロッケなどの単品おかずのシンプル弁当ながら、付け合わせや漬物もきちんと盛っている。200円といえども侮れないクオリティだ。これでも十分満足いくレベル。

dive4

・100円アップごとにグレードアップ

弁当は200円から始まって、300円・400円・500円と100円アップするごとにグレードアップ。300円弁当は他の弁当店なら、500円は取っている内容だ。

dive5

500円のメガ盛り弁当になると、揚げ物が4~5品にハンバーグなどがついて、ご飯が見えなくなっている。これで500円は安すぎ!

dive6

・ご飯は別盛り!

なんといっても究極は、1キロ弁当だろう。1000円どころか600円でお釣りが来る値段なのに、弁当のトレーはおかずでパンパンになっている。ご飯はおかずの下敷きになっているのかと思いきや、実はライスは別途付いてくる! どう見てもおかずで腹いっぱいになるというのに!!

dive7

持ち帰って弁当を広げてみると……、これが1000円しないとは到底信じがたい。

dive9

・揚げ物の下には麺類

まあ、ほとんどが揚げ物なのだが、シューマイやハンバーグなども盛り込まれている。何より驚いたのは、これらの下敷きになっているモノだ。

dive10

おかず類をめくっていくと、そこにはスパゲッティと焼きそば。揚げ物だけでは飽き足らずに、麺類を2種も入れることでトコトン満腹にさせる気か……。

dive14

dive15

・コレを超えるのはなかなか……

いや~、さすがにコスパが高いとか低いとか言うレベルじゃねえな~。500円台でこの量を出す弁当は、そうそうないと思うのだが……。もしも、コレを上回るコスパの弁当があるのなら、教えて頂きたい。多分ないと思うけど……。

・今回訪問した店舗の情報

店名 キッチンDIVE(亀戸)
住所 東京都江東区亀戸6-58-15 ランドシー亀戸
営業時間 24時間
定休日 無休

Report:唐揚げ弁当評論家 佐藤英典
Photo:Rocketnews24

dive8

dive10

dive11

dive12

dive13