近頃は、iTuneでアルバムをダウンロードするのが当たり前になり、昔ほど、アルバムジャケットのデザインが注目されなくなっているように思う。対してLP時代を経験した人は、インテリア代わりに、お気に入りのジャケットを飾っていたという人もいるのではないだろうか。

そんな、音楽史に名を刻んだアルバムと、映画の登場人物を一体化させたハイブリッドなアートを紹介するInstagramが、大人気となっているので紹介したい。意表をついた組み合わせとそのカッチョ良さに、思わず唸らされてしまうこと間違いナシだ!!

・映画&音楽を合体させた作品を生みだすアーティスト

Instagramで、有名アルバムジャケットと映画やドラマの登場人物を一体化させた、ハイブリッドなアートを展開しているのは国籍不詳のスティーブン・リアーさんだ。

フリーランスのデジタル・アーティストだという彼は、映画&音楽とフォトショップをこよなく愛し、自分が好きな物を全て合体させた作品を、Instagramに投稿するようになったのだとか。

・ユーモアあふれるセンス抜群なアートワークがカッチョええ!!

#nirvana #nevermind #starwars #yoda #starwars #forceawakens #theforceawakens #foofighters #davegrohl #music #grunge #vinyl

A photo posted by WhyTheLongPlayFace (@whythelongplayface) on

彼の作品には、映画と音楽の知識がなければ作成できないような、マニアックかつユーモアが炸裂するアートワークが満載だ。例えば、ニルヴァーナの『ネヴァーマインド』のジャケットと、『スター・ウォーズ』のヨーダを合体させた作品など最高である! 

オリジナルのデザインは、プールの中で赤ちゃんが1ドル紙幣を追いかけているのだが、赤ちゃんをヨーダに置き換えて、タイトルも「ヨーダ:マインドネヴァー」に変更。‟マインド:心” から生まれる超常的な力 ‟フォース” を使う、ヨーダにピッタリな題名となっているのだ。

・どのジャケットと映画の登場人物が合体しているか当ててみて!

この他にも、アイスランド出身の歌姫ビョークのアルバム『デビュー』のジャケットを、ビョークと『スター・ウォーズ』のレイア姫に入れ替えた作品も、マジでオシャレ!! 

『スター・ウォーズ』からのキャラクターが目立つが、映画『レザボア・ドッグス』や『バック・トゥ・ザ・フューチャー』などもハイブリット化されている。どのジャケットと作品の登場人物が一体化されているのか、当ててみるのも楽しいかもしれない。

スティーブンさんは、彼の作品をプリントしてTシャツにするサービスも行っている。映画や音楽好きな人へのプレゼントにピッタリなので、ユニークでクールな贈り物をしたいという人は、ぜひチェックしてみてはどうだろうか。

参照元:Instagram @whythelongplayfaceWhya the Long Play Face?(英語)
執筆:Nekolas

▼ニルヴァーナの『イン・ユーテロ』のジャケットに、『スター・ウォーズ』の3PO が!

#nirvana #inutero #starwars #rogueone #c3po #kurtcobain #foofighters #davegrohl #grunge #music #record #vinyl #lp

A photo posted by WhyTheLongPlayFace (@whythelongplayface) on

▼映画『レザボア・ドッグス』と、ビートルズの『アビイ・ロード』が合体!!

#thebeatles #beatles #abbeyroad #reservoirdogs #QuentinTarantino #johnlennon #paulmccartney #georgeharrison #ringostarr #vinyl

A photo posted by WhyTheLongPlayFace (@whythelongplayface) on