0a

2016年最大のトピックスと言える『ポケモンGO』! 日本では落ち着きつつあると言われているが、遅れて配信された台湾では、国営通信社がガチの攻略記事を公開したり規格外のブームが巻き起こっている。みんなポケモン好きすぎィ!

そんななか、とんでもない状況が激撮されたと話題になっている。レアモンスターが出現するやいなやカオスが発生! 人の波がクルマを押し流さんばかりのヤバさなのだ。その様子は動画で確認できるが、先に大ブームが起きていた海外もビックリレベルである。

・台湾の温泉街で「カビゴン」登場

この動画が激撮されたのは、台湾北部「新北投」にある北投公園だ。北投は、屈指の温泉街でありノスタルジックな雰囲気が人気の街なのだが、8月20日前後、レアモンスターであるカビゴンやカイリューが出現! すると景色が一変した。

・ヤバすぎ! カオスすぎ!! 車も通れないレベル

その様子が捉えられた動画を見てみると……いい大人たちが怒号とともに猛ダッシュ! 北投公園は駅から道路を挟んで反対側にあるのだが、道路は走りスマホをする人たちで埋め尽くされている。車も通れないどころか、人の波に埋もれるレベル。

このカオスぶりは正直、中国の地獄プールにひけを取らないくらいなのだ。

・「この世の終わり」と報じられる

ゾンビ映画か、パニック映画か。TIMEでは「まるでこの世の終わりのよう」と報じられている。いや、1次配信国のはしゃぎぶりもスゴかったよ……?

台湾でのポケモンGO配信は、1次配信国から約1カ月遅れでスタートしている。世界的ブームを指をくわえて見ているしかなかったこと、また当初、公式に「全世界で配信するが、台湾での配信予定はない」という旨を発表されていただけに、遊べる喜びも大きいのかも?

とはいえこの状況はちょっと危険。とにかく安全第一で遊びたいものである。

参照元:YouTube [1] [2]中央社(中国語)、TIME(英語)
執筆:沢井メグ

▼ポケモンフィーバー前の北投公園。観光地なのでh時とがいないわけではないが、基本まったり。
beitouPhoto:Rocketnews24.

▼そしてカビゴン出現後はこうなった! こちらは新北投駅と北投公園の間にある道路だ

▼夜もスゴイ!