yomodasoba6
そば屋にもかかわらず、超本格的なインドカレーを出す店として有名な日本橋の『よもだそば』。そばのメニューにおいても「岩下の新生姜ポンジュース味のアップルパイ揚げそば」など、オリジナリティーがあふれていることは以前の記事でお伝えした通りである。

だが、この店で一番コスパが良く、かつ人気なのは『かき揚げそば』だ。そばにおいて王道のこのメニューも『よもだそば』にかかるとひと味違う。分厚いかき揚げは、まるで丼に浮かんだ大陸! これが370円ってマジかよ!? インドカレー食ってる場合じゃねェェェエエエ!!!

・激戦区で話題のそば屋

日本橋の駅から徒歩2分ほど、八重洲1丁目の交差点付近にあるこの店。2件ほど隣には、以前立ちそば放浪記で訪れた『蕎麦一心たすけ』の八重洲店が。かなりの立ちそば激戦区である。
yomodasoba
そんな中で行列ができていることからも、この店の実力が本物であることが分かった。入店して券売機を見ると、「チーズそば(370円)」や「いろいろ葉物のかき揚げそば(400円)」など、そのメニューの豊富さに目移りしてしまう。「よもぎ天そば(370円)」も良いな……カレーもウマそうだ。
yomodasoba10

・かき揚げがスゴイ

しかし、やはりここはこの店の王道を伝えたい。というわけで、『かき揚げそば』の食券を購入してカウンターの行列に並ぶ。と言っても回転が速いため、ほぼ待たずに食券を渡し、数分でかき揚げそばが登場した。だが、これは本当にかき揚げ “そば” なのか……。
yomodasoba3
丼に鎮座する超ド級のかき揚げ天。大陸のようなそのサイズは、丼の中に地平線が見えそうなレベルだ。ガチでデケェェェエエエ! 上から見てもかき揚げしか見えない。っていうか、本当にそば入ってる? そんな不安に駆られかき揚げを持ち上げてみると、申し訳なさそうにそばが顔を出した。
yomodasoba7

・その牙をむく『よもだそば』

食べてみると、若干モチっとしつつも歯切れの良い麺は甘い風味がする。コクのあるつゆと合わさると、ちょうど良い調和感だ。かき揚げはゴロゴロした玉ねぎがカリっと揚げられており、分厚く食べごたえ満点! こちらもつゆとの相性抜群!! そして、玉ねぎの甘みがそばにマッチしてさらに箸が進む。
yomodasoba8

・高コスパすぎる

どデカいかき揚げそばと言えば、虎ノ門『大吉田』や初台『加賀』が有名だが、『加賀』は460円で『大吉田』が530円であることを考えると、『よもだそば』のコスパの半端なさが理解できるはずだ。
yomodasoba5
仮に、半よもだカレー(270円)を注文しても640円。超ド級かき揚げそばと本格インドカレーがセットで640円だ! 高コスパすぎるだろ!! 全てが1ランク上な『よもだそば』。日本橋で昼食を食べる時はぜひ行ってみてくれ!

・今回紹介した店舗の情報

店名 よもだそば
住所 東京都中央区日本橋2-1-20
営業時間 平日7:00~22:00 / 土日・祝祭日10:30~15:00
定休日 無休

Report:中澤星児
Photo:Rocketnews24.

こちらもどうぞ → シリーズ「立ちそば放浪記

▼かき揚げデケェェェエエエ!
yomodasoba3
▼分厚さも半端ない
yomodasoba7
▼そばとかき揚げのハーモニーが最高
yomodasoba8
▼セットメニューも充実
yomodasoba2
▼1ランク上の高コスパ!
yomodasoba9