IMG_4420

日本での配信がスタートし、2週間が過ぎたポケモンGO。「もう飽きた」という人もいるかもしれないが、「ドハマり中!」という人も多いことだろう。そこで今回は、配信初日からポケモンGOをプレイしまくっている記者が『ポケモンGOあるある50』をお届けしたい。

・ポケモンGOあるある50

その01: 信じられないほど歩くようになった。
その02: なんなら1日10キロ超えしていることもある。
その03: 自然と歩きやすい靴を履くようになっている。
その04: 最初のうちは出現したモンスターの写真を撮りたがる。
その05: 手のひらや、肩の上にモンスターを乗せるのに必死。
その06: 上手に撮れたらSNSにアップする。
その07: 3日目くらいで「ARなし」の方がボールが当たりやすいことに気付き、以降ARは無し。
その08: そんなに使っていなかったポータブル充電器が大活躍する。
その09: スマホの充電の残量を常に気にするようになる。
その10: 会社に「なに獲れた?」と聞いてくる人がいる。
その11: 会社に「レベルいくつになった?」と聞いてくる人がいる。
その12: 久々に会う友達と「ポケモンGOやってる?」という会話になる。
その13: レベルを追い越され、すねる人がいる。
その14: 今さらだけど、ポケモンはピカチュウしか知らない
その15: 自分でも「まさかここまでハマるとは」と驚いている。
その16: ズバットにボールが当たらない。
その17: 緊張するとボールが真っ直ぐ投げられない。
その18: 普通のボールより、スーパーボールやハイパーボールの方が曲がりやすい気がする。
その19: レアキャラが出現したら、毎ターンごとに「ずりのみ」を使用。
その20: それでも逃げ出すゼニガメの逃げ足の早さは異常。
その21: レーダーに見たことがないモンスターの影が映ると超興奮する。
その22: あてもなくスマホ片手に近所を周回する。
その23: 最初はポッポだろうがドードーだろうが、獲れれば嬉しい。
その24: 本当に最初だけね。
その25:「ドードーならスマホ震えなくていいよ」と思う。
その26: そんなドードーも、しばらく姿を見ないと寂しい。
その27: 都会と田舎の格差を知り、謙虚な気持ちで雑魚キャラとも向き合うようになる。
その28: ヒトデマンの的力(まとぢから)は異常。
その29: どう投げても当たる気しかしない。
その30: 10キロのたまごが全然出ない。
その31:「ふかそうち」が欲しすぎて課金がチラつく
その32: 普通に考えて、課金した方がコスパもいい気がする。
その33: ダ、ダメだ! 耐えるんだ、俺!!
その34: 果たして何と戦っているのか
その35: 巣になっている公園に行くと、あまりの人の多さに「日本大丈夫か?」と心配になる。
その36: 自分もその一人でやんす。テヘペロ!
その37: 若い女性のグループが多くてビビる。
その38: 40代以上と思われる、おっさん同士のグループも多くてビビる。
その39: あ、俺もグループじゃないだけでおっさんだった……。
その40: 巣の公園で「右手に缶ビール、左手にスマホ、足元に充電器と焼き鳥」スタイルで座り込んでいる女性を見て、たくましさを感じる。
その41: ちょっとゴミ捨てに行くつもりが、気付けば1時間ほど経過している
その42: ポケモンGOのために虫よけスプレーを買った。
その43: ビビっていたが、ジムが意外と勝てて楽しい。
その44: 初期に強化してしまったモンスターは大体使えない。
その45: 毎日同じポケストップでルアーモジュールを使ってる人がいる。
その46: 顔も知らないけど……ありがとう。
その47: 捕獲に必死すぎてボールが無くなる。
その48: 捕獲に必死すぎて上限の250体に到達してしまう。
その49: 1匹ずつ博士に送るのが本当にダルい。
その50: まだしばらくはハマってそう。

──以上である! その他にも「ケーシィレベルのレアキャラを、最後まで進化させられる気がしない」「iPhoneをアップデートするのが怖い」などもあるが、それはいずれの機会にご紹介しよう。

すでに社会現象化しているゲームのためマイナスな報道も多いが、多くの人が楽しめる秀逸なゲームであることは間違いない。みんなでルールを守って楽しくプレイしよう。

参考リンク:ポケモンGO公式サイト
執筆:P.K.サンジュン
Photo:RocketNews24.

▼タマタマの写真が撮れて、嬉しくて仕方ないGO羽鳥。本当に好きですね。

ミラクル起きました

Go Hatori (GO羽鳥)さん(@mamiyak46)がシェアした投稿 –

▼レベルを追い抜かれてやる気を失くす佐藤。

もうポケモンGO、飽きてきたな〜 #今日の佐藤

A post shared by Hidenori Satou (@hidenori_satou) on

熱中症になった大馬鹿者、わたくしP.K.サンジュン。