IMG_4863

1個1000円以上するハンバーガーが珍しくなくなった昨今。一昔前までは数えるほどしかなかったハンバーガーショップだが、そこで修業を積んだ職人たちが次々と新店をオープンさせている。世はまさにハンバーガー新時代に突入したといっていいだろう。

……と、少々大げさになってしまったが、数えきれないほどに増えたハンバーガーショップをドドンとご紹介していくのがこの連載「最強ハンバーガー決定戦」だ。今回は2015年にオープンした、東京四谷の『クルズバーガーズ(CRUZ BURGERS)』をご紹介したい。

・名店「ファイヤーハウス」出身

四ツ谷駅と四谷三丁目駅の中間から少しだけ四谷寄りに店を構えているクルズバーガーズ。ご主人はグルメバーガーの名店「ファイヤーハウス」で6年間修業を積んだ後、2015年11月にこの地で新店をオープンさせた職人さんである。

IMG_4855

こちらの名物は「溶岩石のグリルで焼き上げたパテと天然酵母100%のバンズで作るカリフォルニアスタイルバーガー」とのことであるが、果たしてそのお味はどんなものなのだろうか?

・カウンター席が楽しい

平日の昼過ぎに店を訪れると席は8割がた埋まっていた。サラリーマンやOLらしき人たちが多く、オープンしてから1年足らずでオフィス街からは一定の支持を得ているらしい。注文したのは「ベーコンチーズエッグバーガー」で価格は税抜1350円だ。

IMG_4857

カウンター席のすぐ向こうで、手際よく調理されるハンバーガーを眺めつつ待つこと5分少々。熱々のハンバーガーがやってきた。お皿には「CRUZ BURGERS」と刻まれており、こちらはご主人が修業されたファイヤーハウスと同じスタイルである。

IMG_4878

・肉厚なパテ

それはさておき、さっそく食べてみることに。ペーパーに入れてギュギュっと押しつぶしてから口に運ぶと……肉ッ厚! ふっくらとしつつも噛み応えのあるパテからは、ジュワッと肉汁があふれ出してくる。外側がカリッとローストされたバンズもいい食感だ。

ベーコンとチーズ、さらには両面を焼いた目玉焼き “フライドエッグ” の風味もそれぞれが主張しすぎることなく上手に折り重なっている。ガツッと来る重厚なハンバーガーかと思いきや、意外にもペロリと食べきれてしまうハンバーガーであった。

IMG_4879

アメリカンクラフトビールも豊富に取り揃えているとのことなので、夜はビールを片手にハンバーガー……なんてのもいいだろう。興味がある人は足を運んでみてはいかがだろうか。

・今回ご紹介した飲食店の詳細データ

店名 クルズバーガーズ(CRUZ BURGERS)
住所 東京都新宿区三栄町6 小椋ビル 1F
時間 月~金11:00~23:00 / 土日祝11:00~21:00
休日 火曜日

参考リンク:Facebook「CRUZ BURGERS」
Report:P.K.サンジュン
Photo:RocketNews24.
こちらもどうぞ → シリーズ「最強ハンバーガー決定戦

▼ベーコンチーズエッグバーガー。
IMG_4863

▼サイドはフレンチフライ。
IMG_4868

▼ズドン!
IMG_4879

▼卵は両面焼いた目玉焼き、フライドエッグ。
IMG_4881

▼意外にもペロッとイケちゃうぞ。