誰にでも、「この料理がメッチャ好き!」という大好物があるに違いない。だが、「その食べ物の名前に改名すれば、一生タダでその好物が食べられる」と言われても、名前を変えようというガッツがある人は多くないのではないだろうか。

というのも、豪ハンバーガーチェーンが「バーガーに改名した人に一生ハンバーガーを無料で提供!」とうたって話題になっているのだ。しかし、かなり条件が厳しいらしいのだが、それでも、興味深々な人が大勢いるというのである!!

・バーガーに改名したら一生ハンバーガーが無料に!

Woke up like this. Hit the link in our bio to find your closest burger fix. Pic by @jovial_white #MrBurger

A post shared by Mr Burger (@mrburgertruck) on

「バーガーに改名した人は一生ハンバーガーを無料に!」とのキャンペーンを展開しているのは、フードトラックでハンバーガーを提供する、豪ファストフードチェーンの ‟Mr Burger:ミスター・バーガー” だ。

チェーン店といっても、ミスター・バーガーが提供するハンバーガーは分厚いパテがジューシーかつボリューミーで、グルメバーガーと言った方が良さそうだ。そんな、食べ応えがありそうなハンバーガーを一生無料で食べられるのなら、名前を ‟バーガー” に変えようかと検討する人がいてもおかしくなさそうだ。

・応募条件がかなり厳しいそう……

しかし、同店のハンバーガーを一生タダで食べるためには、2016年7月31日までに名前を ‟バーガー” に変え、名前を改名した役所の証明書のコピーを送らなければならない。

しかも、締切日までに応募した最初の10人のみが、その特権を与えられるとのこと。なので、もし11人目だったりしたら、名前を変えたのにハンバーガーを無料で食べられないことになってしまう。そんな状況になったら踏んだり蹴ったりなので、チャレンジするにはかなり勇気が要りそうだ。

・1週間に無料で食べられるバーガーは7個まで

また、応募できるのは18歳以上の豪居住者のみで、もし、最初の10人の中に入ることができても、1週間のうち無料で食べられるハンバーガーは7個までと決まっている。

なかなか条件が厳しいが、ミスター・バーガーの経営陣は、大勢の人が興味を示していると語っているのだとか。しかし今のところ、実際に改名して応募してきてた人はいないそうだ。

筆者が大好物の名前に変えるとしたら、‟生ハム” や ‟寿司”、‟タコ焼き” になってしまうので、一生好物がタダで食べられると言われても、やはり改名には抵抗を感じてしまう。それにしてもオーストラリアでは、そんなに簡単に名前を変えられるのかどうかも気になるところだ。

参照元:Instagram @mrburgertruckMashableMETRO(英語)
執筆:Nekolas

▼ボリューミーで美味しそう!