3

2016年8月19日から日本でも全国公開される、新生『ゴーストバスターズ』。オバケには強いけど、オトコにはめっぽう弱いオタク理系女子がゴースト退治を行う……という内容で、あのビル・マーレイさんやダン・エイクロイドさんもカメオ出演することで話題を集めている。

そしてこの度、日本の女性芸人が『ゴーストバスターズ』のテーマ曲をカバーしたところ、海外で人気を呼んでいるというのだ!

・友近さんらが『ゴーストバスターズ』を!

テレレ〜レ レ〜レでお馴染みの『ゴーストバスターズ』のテーマ曲。作品が生まれ変わったのを機にあの人気バンド Fall Out Boy が歌ったことでも話題となった。

しかしより強烈なインパクトを放っているのが、友近さん、渡辺直美さん、椿鬼奴さん、山崎静代さん(しずちゃん)がカバーしたバージョンだろう。公開されたミュージックビデオでは、プロトンパックを背負い作業着に身を包んだ4人が、日本語と英語を交えながら歌っている。

絶妙な生暖かい雰囲気と素晴らしき歌唱力、クスッと笑える台詞、途中で挿入される映画のシーンが混ざってとってもいい感じ! しかも海外での評価も上々だというではないか!!

・海外では「完璧だ」などの声

多くの海外メディアがミュージックビデオを「これまでで1番良いカバーの可能性も」「完璧だ」と紹介しているだけでなく、 YouTube でも以下のような賛辞がたくさん見られたのだ。

「Fall Out Boy バージョンよりもずっと良い」
「彼女たちが出演する、日本版のゴーストバスターズが見たくなってくるね」
「誰か歌詞を訳してくれ!」
「ダサすぎる!」
「こっちの曲を映画でも使えばいいのに」
「大好き! 素敵なレディーたちだし、歌声もいいね」

・フェイグ監督も「素晴らしい」と絶賛

ちなみに Fall Out Boy のカバーよりも、日本版の方がレイ・パーカー・ジュニアさんが歌ったオリジナルの『ゴーストバスターズ』の曲調に近いことから、ここまで人気なのではないかとの意見も聞かれた。

今回『ゴーストバスターズ』を手がけたポール・フェイグ監督も、「こんなの作られていたなんて知らなかったけど、とても嬉しい。素晴らしいね」とツイートしている。前評判が真っ二つに別れている新生『ゴーストバスターズ』だが、このミュージックビデオでもっと盛り上がるかもしれないね!

参照元:EW.comSlash FilmThe VergeET Online(英語)、YouTube、Twitter @paulfeig
執筆:小千谷サチ

▼こちらが今話題の映画『ゴーストバスターズ』MVロングバージョン

▼ Facebook 上でも公開されているよ!

▼こちらが Fall Out Boy の『ゴーストバスターズ』

▼ポール・フェイグ監督もツイート