毎日食べる食事のカロリー数を、計算しながら食べているという人はいるだろうか!? ゴクゴクと缶ビールを1本空けたら150キロカロリーは摂取してしまうし、それだけのカロリーを消費しようと思ったら、かなり体を動かさないければならない。

好きな物を食べたいけれど、必要以上のカロリーを取り込んでしまったら、どんどん体に脂肪がついてしまう……。そんなジレンマを解消するためか、「ジャンクフードのカロリー数が商品名だったら、食べる気がなくなるのでは!?」との発想から、ユニークなInstagramページが登場したので紹介したい。

・ジャンクフードのカロリー数が商品名になったら……!?


画像共有サイトInstagramに登場したページ「Calorie Brands:カロリーブランド」には、ジャンクフードを中心に、商品名の代わりにカロリー数をデカデカと表示したパッケージ写真がアップされている。

例えば、キットカットには「232キロカロリー」、マクドナルドのフライドポテトには「515キロカロリー」、プリングルスには「1320キロカロリー」という恐ろしげな ‟商品名” が付けられているのだ。そんなに表に「ババ~ン!」と記さなくても、どの食品にも、パッケージの裏側や側面にカロリー表示はしてあるものだ。

ところが、「100グラムで●キロカロリー」と書かれても、商品全部を食べて、トータルがいくらになるか計算しながら食べる人は多くないだろう。

・健康食品のカロリーも意外と高い!!


それに、意外な物がカロリーが高かったりするので、ページを見ていると思わず ‟ゲゲっ!” と思ってしまう。1.89リットル入りのオレンジジュースが878キロカロリーで、全粒粉のコーンフレークが一箱1823キロカロリーなのである!! 

もちろん、外国製品なのでサイズは大き目だろうが、フルーツジュースや全粒粉のコーンフレークなど、健康的なイメージが強い食品のカロリーが高いと、「うう……」と感じてしまいそうだ。

・やはりカロリーを気にしている人は多い!?


カロリーブランドのページには、「肌の露出が増える夏に向けて、食品ブランドのパッケージはこうあるべきでは!?」と書かれている。

今のところ投稿数は30と少ないが、それに対してフォロワーが70万8000人もいるので、それだけ、カロリーを気にしている人が多いということではないだろうか。

お酒が大好きな筆者は、週末空にしているビールの本数を考えると「恐ろしや~……!」である。その分かなり運動はしているが、一向に体重が変わらないのは、摂取&消費カロリーがプラマイゼロという証拠かもしれない。

参照元:Instagram @caloriebrands
執筆:Nekolas

▼1.89リットル入りのオレンジジュースが878キロカロリー! やっぱりお茶か水が一番かも!?

▼プリングルスは一箱1823キロカロリーも!