buruke

一般的に90代というと、高齢中の高齢だ。平均寿命も超えているため、体に何か不自由があったとしても驚きはない。しかしながら、近年では元気なおじいちゃん・おばあちゃんが増えており、ビックリするほどピンピンの人も数多い。

例えば今回ご紹介するおじいちゃんもそんなひとり。なんと92歳の彼はメジャーリーグの始球式に登場すると、世界を驚かせる素晴らしいボールを投げ込んでみせたのである!

・92歳のおじいちゃんが始球式に登場

2016年5月30日、祝日のメモリアルデー(戦没将兵追悼記念日)に行われたマリナーズ vs パドレスで、バーク・ウォルドロンさんが始球式の大役を任された。アメリカ海軍で二等兵曹だった彼は、軍服を着て登場した。

・元気すぎるおじいちゃん

「92歳の始球式」と聞いたら、手取り足取り……なんて想像をしてしまうところだが、彼はその真逆。グラウンドに現れた彼は軽快にマウンドへ走っていき、元気に始球式を始めてしまうのだから、とても92歳とは思えない。

しかも彼は、フォームに躍動感があり、キャッチャーミットに届こうかというピッチングを披露。さらには、忍ばせていたペンをキャッチャーに渡し、サインをもらう隙のない動きまで見せるのだから、本当に元気なおじいちゃんだ。

・日本の超おじいちゃん

世界にはスゴいおじいちゃんがいるなぁ……と思わずにいられない動画だが、日本にも超おじいちゃんがいることを忘れてはいけない。そう、66歳で131キロの速球を投げた村田兆治さんである。彼らの元気さを見ると、もはや年齢は関係ない時代に突入したことを実感せずにはいられない。

参照元:MLB.com(英語)
執筆:原田たかし