nakazawas1

2015年9月に、当編集部の仲間として加わった中澤星児記者。彼が仲間入りして半年を経て、すっかり編集部にも馴染み、少しずつ読者の皆さんにも認知してもらえるようになったかと思います。そんな彼は4月の誕生日で34歳を迎えました。

年齢的には結婚していてもおかしくない年ごろ。人によっては子どももいるかもしれません。仕事とバンド活動にいそしむ彼から、恋愛の話を聞いたことはなく、その気配さえないのが実情です。

・記者とバンドマン、二足の草鞋

当サイトでは、「立ちそば放浪記」をはじめ、定番記事を執筆する一方で、「1万円コーディネート」シリーズなど、いろいろとチャレンジしています。その一方で、ふたつのバンドでギターを担当しています。

・ダメなら諦めろ

「フリサト」と「ソレカラ」というふたつのバンドで活動しており、記者として仕事をしながらバンドの練習とライブをこなしています。見た目にはわからないかもしれないけど、結構タフな男です。そんな彼に、いつから彼女がいないのか尋ねると、「何年いなかったかな~」と思い出せない様子。少なくとも2年はいないのだとか。

このままでは、仕事とバンドに明け暮れ、気づけば歳を重ねることにもなりかねないと、いくぶん危機感を抱いているとのこと。そこで、中澤記者の彼女募集企画「中澤の彼女募集!(ダメなら諦めろ)」が急遽決定しました。ここで簡単に、彼の来歴とプロフィールを紹介したいと思います。

nakazawas2

【中澤星児プロフィール】

・昭和57年4月16日生まれ、A型
・身長165センチ、体重62キロ
・大阪府出身
・貯金:0
・好きな音楽:ロック
・好きな作家:舞城王太郎、本谷有希子

【中澤星児の来歴】

2001年:地元高校卒業・近畿大学入学
05年:近畿大学卒業
05~06年:地元でバイトしながら上京の資金をためる
06年:バンドで上京
06~10年:バンドを転々とする
11年:CDデビューするが全く売れず
11~15年:バイトしながら下北沢でライブ活動に明け暮れ、CDも3枚リリースし、有名バンドコンテストも勝ち上がり、テレビにもちょいちょい出るが相変わらず売れず
14年末:パワハラに悩みバイトを辞める
15年:死にかけのところをロケットニュース24に拾われる

【ロケットニュース24での活躍】

・立ちそば放浪記シリーズ
・【ガチ検証】オッサンが渋谷駅前で「チョコあげます」と書いた箱を持って1時間立ってみた結果
・【閲覧注意】生まれて初めて “昆虫” を食べてみた結果 → ゲンゴロウの味が忘れられない
・【男の生き様】オッサンが男性用セーラー服「ボクセラ春」で原宿・竹下通りを堂々と歩いてやった
・【デカすぎて泣いた】2m50cmの巨大クマと佐賀県に1泊2日してきた / しかも飛行機で
・見てないあなたは人生損してる!! アニメを見ない人にこそオススメしたい名作アニメ5選

【中澤記者の求めるパートナー像】

・対象年齢25~36歳(年齢はあんまり関係ないですが)
・お互いの趣味嗜好を許容できる
・僕に過度な期待をしていない
・僕がいなくても一人で生きていける
・精神的に不安定すぎない
・ある程度話さなくても気まずくない
・多少のエキセントリックさを持っている

【応募方法】

ご応募を希望される方は、名前・顔写真・住所・電話番号・SNS(Twitter、Facebook、Instagramなど)のアカウント、応募動機を明記の上「info@rocketnews24.com」宛(件名は「中澤記者の彼女になりたい」)にメールをお送りください。

また、顔出しが可能かどうかについてもお伝え頂ければ幸いです。中澤記者とお会い頂く機会については、追ってご連絡差し上げます。応募者数が多数の場合は、書類選考後ご連絡いたします。

※お送り頂いた個人情報に関しては、今回の企画以外に使用せず、終了後に破棄致します
※弊社からの連絡は選考を通過された方のみへお送りいたします。あらかじめご了承ください。

中澤記者は、少々抜けてるところもありますが、芯の強いところがあり、これだ! と思ったことは必ずやり遂げる人です。たくさんのご応募、心よりお待ちしております。

追記:募集は2016年5月9日0時までとさせて頂きます。よろしくお願いします。

執筆:佐藤英典
Photo:Rocketnews24

▼基本は飾らず自然体。しかし芯のある人物、中澤星児記者
nakazawas3

▼中澤記者がギターを務めるバンド「フリサト」のPV『春が来た』

▼2015年11月アルバム『ハグミーハグミーハグミー』のリリースライブの様子