1

犬や猫、ウサギなど毛がフワフワして人懐っこい動物はカワいいものだが、あまり遭遇したくない動物もいる。特に毒を持っていたり、襲いかかられる可能性がある動物との鉢合わせは避けたいところだが、そんな経験をしてしまった男達がいるので紹介したい。

なんと、マレーシアの工事現場で作業員達が仕事に勤しんでいたところ、体長7.5メートルもの巨大ニシキヘビが出現! しかしその後、ヘビは謎の死を遂げてしまったというのである。

・世界最長と思われる巨大ニシキヘビが捕獲される!

体長7.5メートルもあるニシキヘビが出現したのは、マレーシアのペナン島だ。この巨大ヘビは、観光客で賑わう地域近辺で工事現場の作業員によって発見された。

作業員から連絡を受けた地元の市民防衛局が駆けつけ、30分程かけて巨大ニシキヘビを捕獲。なんと、ヘビの体重は250キロもあったとのことで、こんなモンスター級のヘビに巻き付かれでもしたら、ひとたまりもないだろう。

・捕獲後に謎の死を遂げたヘビ

ところが捕獲から4日目、市民防衛局に引き取られた後に野生生物管理当局へ移送されたヘビは、卵を産んだ後に息絶えてしまったのだという。死因について詳細は不明だが、「ヘビの扱い方に問題があったのでは?」とも指摘されている。

というのも、捕獲後に撮影されたビデオには、ヘビを蹴っている建設作業員が収められており、ヘビの首の回りに縄が巻き付けられていたからだ。市民防衛局の広報担当者は、「おそらく、脅威を感じたヘビが自殺したのでしょう」とコメントしているが、「ヘビが自ら命を絶つとは考えられないので疑問が残る」と各メディアが報じている。

・ギネス世界記録には17センチ足りず

捕獲当初、このヘビは世界最長記録を更新するのではないかと思われていたが、ギネス世界記録に登録されているヘビの体長は7メートル67センチで、記録更新には17センチ足りなかったことが判明。世界最長のヘビは、2011年に米ミズーリ州カンサス市で捕獲され、体重は158.8キロだったそうだ。

ヘビの死因が気になるところだが、ヘビが生んだ卵は野生生物管理当局によって回収されたとのことで、せめて卵が大事に扱われることを願いたい。

参照元:YouTube、the guradian[1] [2](英語)
執筆:Nekolas

▼マレーシアで捕獲された巨大ニシキヘビについて報じたニュース動画はこちら