00001

しんどい朝を乗り切るために、コーヒーを起爆剤として飲んでいる人は多いに違いない。そして、そんな辛い朝に、スターバックスの店員がカップに書いてくれるイラストや気が利いたメッセージを見ると、俄然やる気が出るというものだ。

ところが、なかにはスタバ店員のひと言に、身をつまされるような思いになってしまった客がいるというので紹介したい。高カロリードリンクを注文した客のカップに、店員が ‟グサっ!” と胸に突き刺さるメッセージを書いていたのである!

・スタバ店員に ‟グサっ!” とくるひと言を書かれた客

米フロリダ州セントオーガスティンに住む匿名男性が、仕事仲間に頼んで、、グランデサイズのホワイトモカを買いに行ってもらった時のこと。すると、帰って来た同僚から彼がドリンクを受け取ると、なんと、カップに「Diabetes here I come:糖尿病になりますよ」とのメッセージが書かれていたというのだ!

ちなみにホワイトモカは、エスプレッソにホワイトチョコシロップとスチームミルクを加え、ホイップクリームがトッピングされたドリンクだ。461キロカロリーと確かに高カロリー。飲み過ぎには注意したいドリンクであることは確かである。

・身につまされるメッセージが笑えなかった……

もしかしたら、店員は皮肉を込めたジョークのつもりで書いたのかもしれないが、ホワイトモカを注文した男性の姉妹2人が糖尿病にかかっているため、笑うに笑えなかったというのだ。

地元メディアのインタビューを受けた彼は、「そのメッセージを見た瞬間に、治療のため病院に通い、糖尿病に苦しんでいる姉妹の姿が頭に浮かんでギョっとしてしまいました」とコメントしている。そして、彼は問題のカップに「姉妹2人が糖尿病を患っているので笑えない」と返事を書いて、店舗へホワイトモカを返品しに行ったそうだ。

・スターバックスが男性に謝罪

男性は謝罪を求めている訳ではなく、同じ事が起きないよう注意して欲しいと望んでいるとのこと。スターバックスの広報担当者は、この男性に個人的に連絡を取り謝罪したと述べている。

日本では、風邪を引いたガラガラ声でコーヒーを注文したら、「お大事に!」とのメッセージと似顔絵マークがカップに書かれていたりと、スタバ店員の心遣いに感動した客の声がネットで紹介されている。いくら常連客でも、やはり客と従業員という間柄だけに、出来ればポジティブなメッセージやコメントだけを貰いたいものである。

参照元:MashableFOX NEWS(英語)
執筆:Nekolas
Photo:Rocketnews24.

▼「Diabetes here I come:糖尿病になりますよ」と、“グサっ!” と来るメッセージが!!