huransupansoba4
小田急電鉄の駅を中心に店舗を展開するそばチェーン店『箱根そば』。しっかりした量と安定の味でそば好きに人気を博すこの店は、現在50周年を迎えている。

そして2016年3月17日、50周年記念メニューとして、箱根そばが期間限定メニューを発売した。そのメニューの名は「明太チーズフランス天そば」。読んで字のごとく、明太チーズフランスパンの天ぷらが乗った日本そばである。なんてふざけたメニューだ……。こんなの食うしかないじゃないか

・なぜフランスパン?

なぜフランスパンかと言うと、このメニューはベーカリーチェーン「HOKUO(ホクオウ)」とのコラボメニューだからだ。しかし、いくらパン屋とのコラボだからって、もうちょっとなんかあっただろう……。

・輝く「明太チーズフランス天そば」のボタン

そんなことを思いながらも、足はまっすぐ小田急新宿駅構内の箱根そば本陣店へ向かっていた。なにせ未知の味であることは間違いないのだ。今の段階で予想できることと言えば、「別々に食べたほうがウマいだろうな」ということくらいである。
huransupansoba
それはともかく、箱根そばへ到着。券売機を見ると、右上に「明太チーズフランス天そば」のボタンが輝いていた。なお、このメニューは、本陣店では税込450円だが、他の店舗では税込390円とのこと。
huransupansoba2

・メニュー写真に偽りなし

購入した食券には、はっきりと「50周年メニュー」の文字。カウンターで渡すと、店員さんが厨房に向かって「50周年メニュー!」と叫んだ。そして待つこと数分、出てくるのが他のそばより少しだけ遅いという「特別メニューあるある」はあったものの、無事そばを受け取った。がっつりフランスパンが乗っている
huransupansoba4

・安定のそばとつゆ

とりあえず、食べてみよう。そばの味とつゆの味を一口ずつ食べて確認する。フランスパンが乗っていると言えど、安定の箱根そばテイストである。心の準備を整え、つゆを吸い始めているフランスパンに噛りつくと……
huransupansoba5
アチーーーー! 味うんぬんの前に、フランスパンを噛むと同時にスポンジ形式でつゆがにじみ出てきてクソ熱い。しかも、皮が邪魔で小さく噛みきることさえままならない。火傷するわ!!
huransupansoba6

・とにかく皮が邪魔をする

慎重に小さくしてから食べると、ようやく味わって食べることができた。明太子の辛味とチーズのまろやかさにつゆの甘みがプラスされて、味の濃い甘辛さが口に広がる。パンとの相性も悪くないが、やはりパンの皮が邪魔だ。そして、そばは予想通り別々に食べたほうがウマい
huransupansoba8
結論を言うと力押しすぎる。しかしながら、明太子チーズフランスパン天+つゆは予想以上にウマかったことを追記しておきたい。なお、このそばは3月27日までの期間限定メニュー。食べる際は、見た目よりフランスパンがつゆを吸っているので、しっかり用心して食べることをオススメするぞ。

・今回紹介した店舗の情報

店名 名代箱根そば 本陣店
住所 東京都新宿区西新宿1-1-3 小田急新宿駅地下コンコース
営業時間 平日6:30~23:00 / 日祝6:30~22:00
定休日 無休

Report:立ちそば評論家・中澤星児
Photo:Rocketnews24.
こちらもどうぞ → シリーズ「立ちそば放浪記

▼メニュー写真と違う品が出てくるところも多いが
huransupansoba2
▼写真通り!
huransupansoba4
▼がっつりフランスパンが乗っている
huransupansoba5
▼そばとつゆは安定の箱根そば
huransupansoba7
▼問題は、この「明太チーズフランスパン天」
huransupansoba6
▼アツすぎワロタ
huransupansoba8