ongenseisaku2
本日3月19日はミュージックの日。ここ10数年の音楽業界を象徴するものと言えば、DTM(PCの録音ソフト)の一般への普及だろう。日本では初音ミク、世界ではEDM(エレクトロニック・ダンス・ミュージック)が流行している。今や音楽は、バンドでスタジオに入って作らなくても、もっと言えば1人で家にいても作れるのだ。

そこで、ロケットニュース24のテーマソングをDTMで作成してみた。作詞、作曲、プログラミング、演奏、エンジニアは私(中澤)。歌は編集部メンバー、ミックスはK.ナガハシ記者。現代の音楽事情がここにある!!

・まずは作詞作曲

このプロジェクトを行うに当たって、録音する曲がないと話にならない。サイトの名前が「RocketNews24」なので “Rock” 調の曲を作ることにした。「ザ・ロックンロール」という感じだとキャッチーなサビが作りにくいから、古めのロックから現代日本的なロックに転換される構成で……とぼんやりイメージが固まりはじめる。

また、インターネットやロケットニュース24を彷彿とさせる単語もちりばめられたらベスト。そんな感じで大枠のメロディーと歌詞が固まった。出来上がった歌詞は以下の通り。
rocketman

・『RocketMan』

バ、バ、バ、バ、バ、バ、バズれ ×4

バ、バ、バ、バ、バ、バ、バズれ ×3
このロケットに乗って

【実録】
【行列】
【最強レシピ】

流線形になって銀河の果てへ
wifiより早く ロケットダイブ
流星1つ蹴って 電子の雨
誰よりも強く 誰よりもガチに
君に届けこのニュース

・トラック作成

次はトラック作成。私はギターを多少弾くことができるが、その他の楽器が演奏できない。そこで音楽編集ソフトCubase(キューベース)で、ドラム、ベース、ピアノ、エフェクト音などを打ち込み、ギターを録音してトラックを作成。
ongenseisaku5
この作業は、修行のような忍耐力と集中力が要求される。打ち込みは呼吸が読めないからだ。ハッキリ言って気が狂いそうになる。ギャーーーーーミスったァァァァアアア!!
ongenseisaku8

・立ちはだかる壁を越えて

「なんでやねん!」「無理無理無理!」「もうゴールしてもいいかな……」などひとり言も出尽くした3月2週目、ついにトラックが完成した。キィィィターーーー! トラック作成は苦しさの分だけ終わった時の充実感が凄い。私はトラックが完成したら20回くらい聞いてしまうぞ。めっちゃええやんコレ!

料理でも自分で作ったものが一番ウマいと言うように、音楽も自分が作ったものが一番良く聞こえる。作る過程の苦労が愛となって注入されるからだ。それはさておき、ここまで来たら8割がた完成したようなものである。あとは歌を入れるだけ。
ongenseisaku

・ついにみんなの声を入れる

歌入れの手順はこうだ。まず、私がメインとなる全員分の歌を家で録音し、編集部のメンバーに覚えてもらって改めて全員の声を録音する。録音はいつも会議等に使われている静かな部屋にマイクをセッティングして行うことに。珍しく緊張の面持ちを見せるロケットニュース24軍団。D・I・Y(Do it yourself)なその録音の様子は動画を参照してくれ。
ongenseisaku3

・プロフェッサーN爆誕

着手して3週間、ついにすべての素材が整った。かかったお金は驚異の0円だ。最後に、素材の音量やエフェクトなど全体の調整を行うミックスを終えると完成となる。このミックス作業をレコーディングエンジニア経験者であるK.ナガハシ記者が買って出てくれた。
ongenseisaku7
北海道在住のナガハシ記者に音源を送り、チャットでやり取りしてイメージを伝えながら曲の全体像を一緒に仕上げていく。曲のディレイ感や、声の処理について私のオーダーに完全に応えてくれるナガハシ記者……いや、プロフェッサーNの仕事っぷりはプロだったことを追記しておきたい。
chatitibu
特に、曲調の違い、実力や機材の圧倒的な差を棚にあげて「ワンオクロックみたいにしてくれ」と言った際のプロフェッサーNの「骨太だけどクリアな感じですね!!」という理解は素晴らしかった。常識で考えたら、ワンオクロックにシバかれてもおかしくない発言である。
chatitibu3
かくしてミックスも終了。ギターを録音しようと思ったら、音が出なくて解決に1日かかったり、Aメロからサビへのつなぎで迷走してメタルバージョンのトラックを作ったり、立ちはだかる壁に何度も諦めかけた。というか、ぶっちゃけ今日までに完成すると思ってなかった。

この曲を通して、読者の皆さんにロケットニュース24の熱い気持ちが伝われば幸いである。それでは聞いてくれ! ロケットニュース24で『RocketMan』!!

Report:中澤星児
Photo:Rocketnews24.

▼こちらが『RocketMan』

▼サビのバッキングが完成

うおおおサビのバッキング完成ーーー!!!戦隊モノみたいにしよう

A post shared by 中澤星児 (@seiji_nakazawa) on

▼自分の中でボツになったリフ。ブルータル!

深夜に作るとブルータルの神が降りてくる

A post shared by 中澤星児 (@seiji_nakazawa) on

▼歌は10年前に中古で買ったZOOMのMTR(マルチトラックレコーダー)を編集部に持ちこんで録音

▼PVも作成したぞ!!