dreams1

Instagramのユーザーは、撮った画像をアプリのフィルターで加工して公開しているだろう。女子高生の間では、「B612」というアプリが主流で、同じくこのアプリのフィルターで加工しているらしい。

人と同じ加工が面白くない! と思っている人に、面白い画像加工アプリを紹介しよう。このアプリ「Dreamscope」は、想像もつかないような加工ができてしまう。あまりの奇抜さに、恐怖さえ覚える。さらにすごいのは、2つの画像をミックスしてしまうことができるのだ。掛け合せる画像によっては、マジでヤバい画像に変換されてしまうので要注意ッ!

・ダウンロード

iOS版のアプリの使い方を説明しよう。Android版も用意されているので、それぞれ「Dreamscope」と検索してみて欲しい。さて、アプリをダウンロードすると、最初にユーザー登録する必要がある。メールアドレスとパスワードを設定し、指定したメールアドレスに記載されているアドレスにアクセスして準備完了だ。海外サイトなので、安全面が心配という人は、利用を控えた方が良いだろう。

dreams3

・アプリ起動時

アプリを起動すると、「カメラ」と「写真」へのアクセスの確認が行われるので、いずれも許可をする。アプリが起動する度にカメラが起動するので、撮影する場合はそのままシャッター(中央の○)をタップすると撮影できる。ライブラリの画像を使用したい場合は、左下に表示されている画像をタップする。

dreams4

・画像の公開・非公開

加工したい画像が呼び出されたら、最初にその画像右下にある地球アイコンをタップしよう。これは公開・非公開の切替である。公開したい場合は、そのままにしておくと良い。

dreams24

画像下には、フィルターが並んでいる。左方向にスワイプすると、130種以上のフィルターがズラ~リと並んでいるので、好みのモノを選択する。多すぎて何を選んで良いのかわからないと思うのだが、使いながら覚えると良いだろう。

dreams26

フィルターを選択したら、画面下部の「Paint and Post」をタップ。これで処理を待つだけ。約5分程度で加工された画像が完成する。

dreams27

・豊富なフィルター

フィルターのなかには、かなり強烈なモノも潜んでいる。たとえば、“目” が模様のように出現する「Trippy」、「Supertrippy」はヤバい……。もう完全にオカルトレベルですよ、コレ。さらにすごいのは、孔雀模様で画像が埋め尽くされる「Jeweled Bird」。軽く狂気を感じる……。

・芸術的な加工

もちろん面白いモノもたくさんある。たとえば、ピカソタッチに加工される「Picasso」や、ゴッホの自画像風「Van Gogh Portrait」で、人物写真を加工すると、芸術的な感じに仕上がって楽しい。

dreams25

・2つの画像をミックス

このアプリのもっとも面白いところは、2つの画像をひとつにミックスできるところだ。フィルターを選ぶ段階で、左の「Choose your own」をタップすると、ライブラリが表示されるので、そこでミックスする画像を選択する。たとえば、美味しそうな海鮮丼に青い空の画像を重ねると……。

dreams18

めちゃくちゃマズそうになった……。同じく、ネギトロ丼に発芽しているソバの画像を加えると……。

dreams21

元が何だったのか、全然わからない……。ちなみに、画像をミックスする場合は、重ねる画像の色合いが複雑でない方が、わかり易いミックス画像ができるようだ。色合いが複雑だと、ごちゃごちゃして何が何だかわからなくなってしまうので、いろいろ試してみて欲しい。

ちなみに次ページには、私(佐藤)の画像にいろいろフィルターをかけたものを用意している。後半に行くほど、ヤバい感じになっているので、閲覧には注意して欲しい。とにかくハマるアプリなので、いろいろ試してみよう。

参照元:Dreamscope iOSAndroid
Report:佐藤英典
Photo:Rocketnews24