Decaf (1)

好き好き大好き、コーヒー大好き!! 香ばしく美味しいコーヒーだが、飲み過ぎには要注意。カフェインの摂りすぎは体に良くないと言われているからだ。でも、それでも飲みたい! 眠れなくなるのを覚悟で、飲みたいときだってある! 

そんなときは、スターバックスに行くことをオススメしたい。なぜなら、スタバではカフェイン約97%カットなのに、とっても美味しいコーヒーが飲めるからである。メニューに載っていなくてもちゃーんと作ってもらえる。注文の仕方は以下の通り。

・スタバのカフェインレスコーヒー注文の仕方

注文方法は実に簡単だ。まず、カウンターで「カフェインレスのコーヒーってありますか?」と聞いてみよう。ちなみに商品名は『ディカフェ』。「ディカフェお願いします」でも、もちろんOKだ。

実際にオーダーしてみたところ、「ドリップコーヒーでご用意できます」との返事が返って来た。さっそくショートサイズを頼んだところ、お値段は普通のドリップコーヒーと同じ280円(税抜)。マジか! 高いのではないかと思ってたら同じじゃないか!!
Decaf (3)

ただ、ディカフェは、普通のコーヒーと違って用意するのに少し時間がかかるそう。と言っても5~10分程度だ。席を探して、荷物を置いて……そうこうしているうちに、ディカフェが運ばれてきた。

・飲んでみた → 美味しい!! カフェインレスとは思えないウマさ!

フタをあけるとフワ~っとローストした豆のいい香りが漂ってきた。ニオイと見た目は完全に普通のコーヒーだ。そして飲んでみると……こ、これは!! うまい! これ本当にカフェインが入ってないの? 完全に淹れたての美味しいコーヒーの味だ。

Decaf (5)

じっくり味わうと、若干、薄い気もするが、アメリカンよりは濃い。言われないとカフェインレスとはわからないレベルのコーヒーだったのだ。

Decaf (6)

一般的にカフェインレスのコーヒーは、カフェイン入りのものと味が違う。何か、こう、味に独特のクセがあるのである。確かにコーヒー風味なのだが、生乳と低脂肪乳くらい味が違って私はちょっと苦手だ。その謎のクセを感じさせないとは、さすがスタバやで!!

・カフェインが約97%カット

しかし、ここまでしっかりした味だと、実はカフェインが結構入っているのではないかと心配になってしまう。問い合わせてみたところ、ディカフェは一般のドリップコーヒーと比べてカフェインが約97%オフになっていることが判明した。

具体的に言うと、ショートサイズの場合、普通のドリップコーヒーがカフェイン0.188グラムなのに対し、ディカフェは0.005グラムとのことだ。おおお……本当に約97%減ってるー! あれであの味とは、まるで魔法である。

・100円お代わりもOK!

ちなみにスターバックスはドリップコーヒーを注文すると、当日中なら100円(税抜き)でお代わり可能。なんとこのシステムはディカフェにも適用されるそうだぞ! 

Decaf (4)

マジかー!! ドリップコーヒーと同じ価格というだけでもありがたいのに、お代わりも同じく100円とはスタバは神。「夜、どうしてもコーヒーが飲みたい」、「カフェインを控えているけどコーヒーが飲みたい」なんてときに利用すると良さそうだ!

Report:沢井メグ
Photo:Rocketnews24.

▼これが、スタバのカフェインレスコーヒー “ディカフェ” だ!
Decaf (5)
▼見た目は普通のコーヒー、香りも普通のコーヒー
Decaf (6)
▼ちゃんとコーヒーの味がするぅぅぅぅ!!!! カフェインが約97%もカットされているとは思えない味

▼お値段もドリップコーヒーと同じやで!
Decaf (3)
▼100円お代わりもドリップコーヒーと同じ!! これは嬉しい
Decaf (4)