1

毎年3月8日は国際女性デー。様々な国や地域で、女性の活動を讃えたり、地位向上を目指したイベントやデモが行われている。そして一部の国々では、男性から女性に花を贈る日でもあると言われている。

しかしこの度、夫から花が贈られなかったことに激怒した妻が、夫の大切な場所「TAMA(以下、TM)」を攻撃。すると男性の “中身” が外に出てしまったというのだ……。

・ルーマニアの男性が TM を負傷

2016年3月、ルーマニア東部のドラゴミレシュティに住むイオネル・ポパさんが、TM に怪我を負った状態で病院に搬送された。なんでもポパさんの妻が「国際女性デーに夫から花が贈られなかった」と怒り、彼の TM を攻撃したというのである。すぐに緊急手術が行われたので、ポパさんの命に別状はなかったそうだ。

・妻「どれだけ男っぽいのか見てやろう」と攻撃

一方、妻マリネラ・ベネアさんは、怒ったのは花が貰えなかったからではなく、ガーデニングを手伝ってくれなかったからだと話しているようだ。

「ただガーデニングで穴を掘るのを手伝ってと頼んだだけです。でも夫からは “自分は男だからそんなことはしたくない” という答えが返ってきたんです」

そこで怒ったベネアさんは、“どれだけ男っぽいのか” 見てやろうとポパさんの TM を傷つけてしまったのだとか。しかし彼女はあくまでも「事故だった」としており、怪我させたことを申し分けなく思い、救急車が到着するまで、傷の手当をしようとしたと主張しているそうだ。

・妻が刺した? それとも引きちぎった?

事故か、事件か、どちらかは分からないが、ポパさんがどのような怪我を負ったのかもイマイチ分からない。なぜならメディアによって、報じている内容が少しずつ違うからだ。

例えば『Independent』や『The Telegraph』は「刺し傷」で「TM の中身が見えた」と伝えているのに対して、『Mail Online』では「口論中にベネアさんが TM をつかんだところ、ポパさんが身を引いたので、TM が引き裂かれ、左の中身が飛び出た」となっている。

いずれにせよ、痛そうなことに変わりはない……。現在、警察が捜査を行っているようだが、一体どちらの証言が正しいのだろうか?

参照元:IndependentThe TelegraphMail Online(英語)
執筆:小千谷サチ
Photo:RocketNews24.

▼マリネラ・ベネアさん