gangi4
個性とは何か。私(中澤)が生きてきた経験から思うに、それは数々の壁にぶつかりながら試行錯誤の末に獲得するものだ。「オンリーワンは、その分野のエキスパート、ナンバーワンのこと」というのは、ヒット漫画「ドラゴン桜」の名言である。個性とは技術なしには成り立たない。

ウマいそば屋を求めて色んな街を放浪する「立ちそば放浪記」。今回ご紹介するのは、圧倒的個性を放つ立ち食いそば屋。東京は茅場町にある『がんぎ』だ。ワンコインで味わえるプリプリのへぎそばは、立ち食いにしておくには惜しいレベルだぞ!

・人で一杯の店内

茅場町駅の4b出口を出て、永代通りをまっすぐ進むと川を越えたあたりで左手に「がんぎ」が見えてくる。赤地の軒が目印。行列こそできていなかったものの、店内に入ってみると人で一杯だった。かき揚げそば(470円)の食券を購入し、人をかき分けカウンターに渡すとすぐにそばが出てきた。
gangi

・独特のオーラを放つそば

今回はよりそばを味わうために冷やを注文。緑がかったツヤツヤときらめく麺は独特のオーラを放っている。これが新潟名物の「へぎそば」か! 見た目はスパゲティーのようでもあるが……
gangi2

・もはや別の料理

一口食べてみると、口の中で炸裂するようにプリプリの麺が踊る。この食感はもはや別の料理と言っても過言ではないだろう。しかしながら、そばの風味も抜群でつゆとの相性も良い。初めての感覚に最初は戸惑ったが……食えば食うほどウマい! ワンコインで味わえるのが信じられない。
gangi6

・一つの料理として完成されている

大ぶりのエビ、イカ、春菊、玉ねぎがまとめられたかき揚げもボリューム感満点で、そばのオカズにぴったり。このかき揚げがメインとなってもおかしくないレベルだが、このそばは存在感で負けていないのがまた素晴らしい。完成された圧倒的な料理の技術を感じる……肉そばや、にしんそばなど、他のメニューも絶対ウマいだろ。これ。
gangi5
なお、この店は夜には居酒屋となる。私が訪れた際は、店頭に「寒ぶり祭り」というチラシが貼られていたぞ。ゆっくり味わうも良し、酒を呑んだ後にそばで締めるも良しだ。店内がサラリーマンで一杯だったのもうなずける。そば好きは是非チェックしてみてくれ!

・今回紹介した店舗の情報

店名 がんぎ 新川一丁目店
住所 東京都中央区新川1−2−10
営業時間 8:00~21:00(LO20:30)
定休日 土・日・祝日

Report:立ちそば評論家・中澤星児
Photo:Rocketnews24.
こちらもどうぞ → シリーズ「立ちそば放浪記

▼緑がかったツヤツヤにきらめくそばが独特のオーラを放つ
gangi4
▼これが新潟名物「へぎそば」か
gangi3
▼口の中で炸裂するプリプリの麺は超個性!
gangi6
▼ボリューム満点のかき揚げはメインとなってもおかしくないレベル
gangi5